世界の主要ホテルチェーン一覧

皆さん、こんにちは。

今日は世界のホテルグループの変遷をデータを元にどう移り変わってきたかについてまとめてみましたので、ご覧下さい。

目次

2013年時のホテルグループ一覧表

たまたま古い経済誌を整理してた時に出てきた外資ホテルチェーンの主要ブランドページを見てて、懐かしさを覚えたのが今回この記事をアップしたきっかけです。
記事ではカウント数が主要ブランド数のため、当時の正確なブランド数とは食い違うかもしれませんのでご了承下さい。
2013年時点ではIHGが最多ホテル軒数を誇っていたんですね~。軒数で丸い数字になってるのは約って表記がついてましたのでご容赦下さい♪

2020年時のホテルグループ一覧表

シャングリラは変動が殆どなかったので割愛しまして、代わりにフォーシーズンズとベストウエスタンを入れてみました。
ホテルグループの規模による順位
2020年時点での順位としては、1位マリオットグループ、2位ヒルトン、3位IHGです。
日本ではプリンスホテルズが約80軒を擁していますが、やはり外資とは差がありますね。

各ホテルグループの特徴と会員になるメリットとサイト

①マリオット:最も多くの国で展開しているためどこへ行ってもポイント獲得がし易い。
②ヒルトン:ヒルトンオナーズVISAカード入会でゴールド会員になれて朝食が無料で付いてくる。
③IHG:ポイントが貯まりやすいのが特徴。
④アコー:フランス資本なので上記のホテルよりデザイン性の高いホテルが多い。
⑤フォーシーズンズ:高級感やデザイン性に優れる。軒数が少ないので選択肢は少ない。
⑥ハイアット:国内、海外で2,3度宿泊しましたがあまりこれといった特徴を感じませんね。
⑦ベストウエスタン:安めのホテルなので上級会員にはなり易いが、さほどメリットを感じられないかも。

私見(勝手に私の好みの論評♪)

マリオットはSPGアメックス(マリオットボンンヴォイ)カードでゴールド会員になれますが、年会費34,100円(税込)と高額なため個人的には保有予定なし。
元々初めて個人旅行で海外へ行った時に、贅沢してみようとマリオットに宿泊してみて『何の特徴もないな』と思って以来、仕事で何度かインターコンチネンタル、ヒルトン、シェラトン、マリオット、ハイアットリージェンシー、クラウンプラザなどに泊ってますが、どれでも一緒って今でも感じますので興味なし。
ウェスティンは寝心地いいので好きですが、リッツカールトンなどは高すぎて手が出ませんね。そこそこ裕福な方に向いたカードな気がします。
私の場合、ANAからのステータスマッチでIHGプラチナになっていましたので、その頃利用したIHGのポイントがそこそこ貯まっているので、IHGだけ会員特典を受けられれば十分です。現在ゴールド会員。
大手ホテルチェーンでは、アコーホテルズが一番私の好みのホテルになります。
デザイン的にアメリカやイギリス資本とは一線を画している点と、朝食がやはり私的には一番美味しく(特にパンやスイーツ)と感じます。これは後からグループ入りしたスイスホテルなんかもそうで、スイスホテル南海のランチブッフェの方があべのハルカスの大阪マリオット都ホテルよりも断然私好みです。
只、今まで宿泊して印象に残っているホテルはやはり、大手チェーンの画一的なホテルよりも個性のあるホテルです。
台湾の『レ・スイーツ台北チンチェン(台北商旅慶城館)』は落ち着いて寛げる邸宅の様ですし、神戸旧居留地にある『ORIENTAL HOTEL KOBE』はスタイリッシュでエレガントな建物や客室、イケてるスタッフの接客など、歴史を活かしたストーリーを感じさせるいいホテルだと感じました。
会員になるとどうしてもポイント目当てでお得さを優先してしまい大手チェーンを選択しがちになりますが、もう一度来るか分からない地で迄チェーン店の居酒屋で食事を摂らないのと一緒で、私はホテルも又そこにしか無いブランドがあればそちらに価値を求めてしまいますね~。
旅館も又然り。
個人的視点でのホテル私評ですが、裕福では無い部類に入るネコは実際には大体ホリディインエクスプレスなどを利用しながら、どこかで1泊贅沢を楽しむささやかな旅人生を・・あ、いや猫生を送っております(笑。
皆さんとも、どこかの旅先ですれ違う日が早く来ることを祈っています(^^♪
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

一匹旅で各地を転々とする旅ねこです。
勤めネコですが、仕事を含め国内、海外を問わずグルメや温泉をとことん満喫し、旅の出会いを楽しんでいます。若かりし頃情熱を燃やしたアイスホッケーを今も愛しており、アメリカ・カナダに行った際には必ずNHLを観戦しています。
I am travel cat . I am a cat who loves delicious food and hot springs.
I still love passionate ice hockey when I was young, and I always watch NHL when I go to the United States and Canada.

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる