ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

IHG

皆さん、こんにちは旅ねこです。

前回の記事をアップしてから少し間が空いてしまいましたが、皆さん如何お過ごしでしたでしょうか?

私は仕事が又忙しくなってきていますが、今回出張の後を上手く利用することが出来、東京まで足を延ばして9か月ぶりに都内に滞在することとなりました。

以前から泊ってみたかったストリングスホテル東京が丁度、ANAインターコンチネンタルホテルズの2泊で1泊無料キャンペーンをやっていましたので、Go Toトラベルに加え今回はこれを上手く活用してみました。

2泊合計34,288円が2泊朝食付きのキングプレミアの代金でした。

私はインターコンチネンタルアンバサダーのため、1ランクアップグレードされて、今回はキングエグゼクティブルームとなりました。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのホテル宿泊予約【公式】

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの公式サイト。泉岳寺、品川水族館、築地魚市場、渋谷のショッピング街など、東京…

立地・入り口

品川駅の港南口を出て右手に徒歩1分で直結のため非常に便利な立地です。

駅の反対側の高輪口側には、プリンスホテルが何軒も立ち並んでいますが、丁度駅を挟んで反対側になります。

港南口側からビルの2F入り口です。向かって左手にはセブンイレブンがあり何かと便利ですね。

2Fエレベーターホール。ここから26Fのフロントへとチェックインに向かいます。

ロビー

フロントとロビー。西向きのため、夕方になると美しい夕景を見ることが出来ます。

フロント側から26Fフロアを見渡すと、こんな感じです。右手にカフェ&バーやイタリアンレストラン、鉄板焼き。奥に中華レストランのチャイナシャドーがあります。クラブラウンジも含めて飲食は全てこのフロアに凝縮されている形ですね。ビルの下層はオフィスフロアになっており、ホテルはこのビルの26Fから32Fに入っています。

今回は大混雑でチェックインに約20分ほど待たされることとなりました。ドリンク券を出してくれましたが、レストランもいっぱいで急遽オープン前の中華レストランのチャイナシャドーを開けてくれて、ここでドリンクを頂きながら部屋が仕上がるのを待つことになりました。

せっかくなので貸切のチャイナシャドーからの夜景をパシャリ(^^♪

エレベーターはカードキーが無いと宿泊者専用エレベーターホールに入れない様になっており、そのドアがまるで隠し扉かってほど壁っぽいので、初めてだと気付かないと思います。

上の画像がエレベーターから撮り下ろした26Fの全景です。

部屋

部屋は下のグレードから

デラックス(ダブル・キング・ツイン)

プレミア(キング・ツイン)

エグゼクティブ(キング・ツイン)

クラブ(ビューバス・キング・ツイン)

スイート・ピークスイート

以上のタイプがあり、今回はエグゼクティブキング32㎡です。プレミアキングとの差はあんまり無さそうでしたが、30Fとやや上層階にあるのとバスアメニティがTHANNになるのが違いの様でした。

宿泊フロアの廊下。

ベッドルーム

ベッドルーム

ベッド全景

部屋からの夜景。右手に東京タワーが見えます。

正面には品川駅の先にパシフィックホテルが。

バスルーム

バス・トイレはセパレートではありませんが、区切られています。

造り的には最新ホテルではありませんが、質実剛健って感じでしょうかね。シックな装いでまとめられていました。

アメニティ

アメニティ類。

バスローブやスリッパなど

ミニボトルやスナック類

インターコンチネンタルアンバサダー特典で2000円分のクレジットを頂けましたので、それを利用してビールとお茶、スナックを頂きました♬

赤ワインにコーヒーマシン

冷蔵庫とグラス類

旅ねこブログ恒例、歯ブラシちぇーっく!先が細くなっていて合格です(^^♪

正直、アメニティ類に関しては必要最小限って感じで、華美な雰囲気はあまり感じませんでしたね。部屋やレストランも含め、キラキラ感を求める女子向けのホテルでは無く、硬派な雰囲気を醸し出しているホテルだと感じました。

朝食レストラン

26Fのザ・スコアダイニング

朝食は洋食2種と和食の計3種類から選んで、ジュースや冷菜、フルーツ、ヨーグルト、スイーツなどがビュッフェ台に並ぶセミビュッフェスタイルでした。

私は2連泊という事もあり、初日は洋食2日目は和食をチョイスすることに。

なんかかっこいい感じのスタッフさんが多かったイメージが。

自分で取ってきた小皿。紀州みかんのジュースが美味しかったです♪色からして濃いですよね。

出されたパン。美味しかったです(^^♪

チョイスした洋食のエッグベネディクト

下の画像はセミビュッフェ台の料理たちです。何故か種類が多く感じなかったのはレストランが広かったせいでしょうか?

ここまでがビュッフェ台の料理たちです。

最終日の朝の和食。

納豆が美味しかったですね♪魚の干物を焼いたものに関しては、仕事柄旅館を300軒近く泊まり歩いてきたこともあって、高級旅館で出てくるものには残念ながら及びませんでしたが、結構美味しかったと思います。只、ホテルによってはなだ万やたん熊なんかが入っているところが多いんですが、このストリングスホテル東京に関しては和食には力を入れていない様ですので、和食を楽しみにしている方には不向きなホテルかも知れません。

まとめ

楽しみにしていた滞在で感じたことは、華やかさを求める客層よりシックな落ち着いた雰囲気を求める層にアピールするホテルだなという事です

6月に泊った横浜のインターコンチネンタルPIA8以来のインターコンチネンタルブランドの宿泊となりましたが、同じインターコンチネンタルでも明らかに狙う客層は全く違う様に感じたのが今回の印象です。横浜はANAインターコンチネンタルとはグループが違う事が一番の違いなのでしょうが、立地なども関わってくるので同ブランドでもこれだけ違うのが面白いなと感じたのが今回の一番の収穫でした。

このホテルレポートがどのホテルをチョイスしようかと、迷っておられる方にとってこのブログが少しでも参考になれば幸いです。

では、又出来るだけ早くブログでお会い出来る様祈りつつ、今回の記事を締めたいと思います(^^♪

 

最新情報をチェックしよう!