インターコンチネンタル横浜 PIER 8滞在記と行き方案内

IHG

2021年3月にインターコンチネンタルアンバサダー特典の、週末無料特典を利用して2度目の滞在をしてきましたので、その時のクラブルームと、クラブインターコンチネンタルの詳細を追加アップします。

クラブインターコンチネンタル

今回はチェックインはクラブフロアの宿泊客も全て2Fのフロントロビーで行われました。前回は全ての宿泊客がここでのチェックインでしたのでコロナでのイレギュラーな対応が続いているものの、チェックイン場所は真逆になってましたね。

広々とした開放感のあるラウンジは今回も居心地抜群でした。

アフタヌーンティー

う~ん、これこれ♪

女子では無いため、これだけ甘いものを頂くと途中でギブアップしそうになりましたが、何とか完食。至高のひと時を楽しみました(^^♪

カクテルタイム

シャンパンと前菜。いや~、シャンパンって随分久しぶりに頂きました♫

自分的には夕食はこれだけで十分でしたね。

朝食

1泊目はグラスフェッドビーフのステーキの朝食をチョイス。美味しいの一言😋

2泊目は和食をチョイス。こちらも美味しく頂きました。どちらがお勧めかと敢えて言うなら洋食ですかね~。

ルーフトップ

前回宿泊時には気づかなかったルーフトップへ上がってみました。

エレベーターで上がることも可能なんですが、せっかく5階のクラブルームに宿泊してるんで、一度はこの隠し階段を利用してみました。決して隠してるわけでは無いと思います(笑)

6Fルーフトップに上がったところにあるカウンターとイス。

グループでくつろぐことも可能です。

ゴージャスですね~♫

そしてこの眺め。素敵すぎですΣ(・□・;)

鮨処かたばみ

丁度ガーデンサイドの部屋から向かいの正面3Fに鮨処かたばみがあります。

昆布塩を振りかけたイカの握り。

イクラの軍艦。

ウニ。ちょっと苦みがありました。

マグロの炙りだったかな。

他にも3品ほどあって12,000円でした。

築地や豊洲のコスパのいい美味しいお寿司が個人的には好みなんですが、たまにはという事でホテルのお寿司も雰囲気込みで贅沢して楽しんでみました。

お部屋に関しては前回同様アップグレードされてガーデンサイドでしたので、クラブフロアでしたが造り的には同じでしたので割愛しておきますね。

以下、2020年一回目滞在時の記事

先日横浜IHGで2軒目となったインターコンチネンタル横浜ピア8に宿泊してきました。

経営母体のヨコハマグランドインターコンチネンタルは何度も宿泊しており、部屋の新しさや広さの違いくらいかなと思っていたのですが、驚くほど進化していたこのホテルに鮮烈な衝撃を感じました。

アクセス

みなとみらい線の馬車道駅が最寄となります。ここから徒歩10分弱ですが、途中地図の新港と表記されている交差点が「サークルウォーク」と言って円形の陸橋になっています。

ここは地上の横断歩道が無いため、一旦階段を上ってサークルウォークを利用してホテルのある埠頭方面へと行かなければなりませんので、雨天時や車いすの方にはちょっと厳しいですね。桜木町駅あたりからタクシーを利用すれば1000円かからないのでいいのではないでしょうか。

ちなみに桜木町からホテル最寄の横浜ハンマーヘッド又は大さん橋客船ターミナルまでは路線バスが運行しています。

インターコンチネンタル横浜 Pier 8 があるのは、"海の玄関口"としての歴史を有する、横浜・みなとみらいの新港ふ頭。…

外観とエントランス

ホームページから画像をいくつかお借りしました。

この1Fエントランスを入った瞬間にこれが目の前に。いやあ、いい感じです。静寂感に包まれた雰囲気を高めてくれる階段ですね。

2020年7月現在はコロナの関係で2Fフロントデスクではなく、5Fのクラブインターコンチネンタルでチェックインが行われています。

客室

グレードとしては下から4カテゴリーになります。

ベイビュー/シティビュー(クラブ・デラックスそれぞれダブルとツイン)46㎡

ガーデンサイド(クラブ・デラックスそれぞれダブルとツイン)60~73㎡

今回はインターコンチネンタルアンバサダーのため、アップグレードでデラックスガーデンダブルに宿泊。

ミニバーも充実。ソフトドリンクは無料でした。

今回私が宿泊したタイプの客室です。バスルームがメチャクチャ広かったです!部屋からの眺めこそ中庭になりますが、この広さと造りには大満足です♪

コーナースイート 81㎡

シグネーチャースイート 133㎡

レストラン

2FレストランLarboardの牛タンカレーのランチ。ホントに牛タン?柔らかすぎです💛

クラブインターコンチネンタルと朝食

クラブインターコンチネンタルの受付

ゆったりとした空間がいいですねぇ。

本来この辺にビュッフェの料理が置かれるんでしょうね。

前菜から美味しかったです♪

和食も少しほしかったので揚げ出し豆腐をチョイス。

目玉焼きと悩みつつオムレツに。

トマトスープもGood!

グラスフェッドビーフのフィレステーキなど多くの和洋メニューから選択できます♪

クラブインターコンチネンタルからの眺め。この日は雨で暗めですが、夜にはM&W(マリン&ウォーク)がきれいにライトアップされていい感じでした。

ファシリティ

ルーフトップやスパ、ジムなどは残念ながらコロナの影響で閉じていましたので又今度ですね。

まとめ

今回宿泊して感じたのは、兄弟館のグランドインターコンチネンタルよりもかなり広い部屋なのは事前に分かりましたが、それ以外にウォシュレットの最新型トイレや広々としたバスルームとシャワーブース、ダブルシンク、快適なベッドルーム、充実したアメニティやミニバー、そして一番感動したのはスタッフの方々の細やかな心遣いでした。

到着時から部屋まで丁寧に案内頂き、昼食からチェックアウト時、空港バスへの乗り場案内まで各部署のスタッフ間の連携が行き届いていて非常にスムーズ且つ親切に対応いただきました

インターコンチネンタルは今まで世界中で何度も宿泊してきましたが、明らかにこちらは一線を画したホスピタリティを強く感じました。

是非近いうちにもう一度訪れたいと思わせてくれるホテルだったことを記して、今回の記事を終えたいと思います。

最新情報をチェックしよう!