日本唯一の砂漠は東京都の伊豆大島にあった!Japan’s only desert was on Izu Oshima Island in Tokyo

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

私は今回伊豆大島を訪れる機会がありましたので、日本唯一の砂漠へと踏み入ってきましたので、大島の観光と共に紹介していきたいと思います。

Hey guys! Since I had a chance to visit Izu Oshima this time, I have stepped into Japan’s only desert, so I would like to introduce it with sightseeing in Oshima.

伊豆大島への行き方

伊豆大島へは船又は飛行機で行くことになります。

You will go to Izu Oshima by ship(Jet foil) or airplane.

都内から伊豆大島へ

都内からはいくつかの交通手段があり、所要時間や予算、仕事終わりの夜から行きたい、などライフスタイルに合わせて選択できます。

There are several modes of transportation from Tokyo. You can choose according to your lifestyle, such as time required, budget, or want to go from the night after work.

①竹芝桟橋から東海汽船のフェリー又はジェットフォイル   

 

From Takeshiba Ferry Terminal by Tokai Kisen Ferry or Jet Foil

こんな感じですね。時期によってダイヤは変わってきます。

今回私はジェットフォイルでの訪島となりましたが、仕事終わりに寝てる間に大島到着、なんて事も可能です。

竹芝フェリーターミナルへは、ゆりかもめの竹芝駅から徒歩1分です。他にも、JR浜松町や都営大江戸線大門駅から徒歩10分程度で行くことが出来ます。

実は大島行きの船乗り場は結構あり、横浜大さん橋、久里浜、館山、熱海、伊東、下田、稲取からも乗船可能ですので、伊豆の温泉地との組み合わせて2泊3日、なんて組み方も出来ちゃうんですね♪

Something like this. The schedule changes depending on the season.
This time I came to the island with a jet foil, but it is possible to arrive at Oshima while sleeping at the end of work.
Takeshiba Ferry Terminal is a 1-minute walk from Yurikamome line Takeshiba Station. In addition, it is about a 10-minute walk from JR Hamamatsucho Station and Toei Oedo Line Daimon Station.
In fact, there are quite a few piers for Oshima, and it is possible to board from Yokohama Osanbashi, Kurihama, Tateyama, Atami, Ito, Shimoda, and Inatori.

始発便に乗って、さあ伊豆大島へ!と、意気込んでいたら何と、海は大荒れ。ガツン、ガツンとまるで何かにぶつかったかの様な音と衝撃にビックリ!!

隣のおじさん達もうおぉーってビックリしてましたが、左側座席のおばさんたちは島民らしく、「久々にゆれたねえ」って会話でしたので、全くないわけではない状況だった様です。

私もマカオや壱岐へのジェットフォイルを30回くらいは経験してますが、正直今回のが一番強烈でした。こんなに衝撃あって沈没しないのか心配でした。

Come on Izu Oshima on the first flight! And what if you were eager, the sea was rough. Gatsun, surprised by the sound and shock as if hitting something! !
I was surprised that the neighbors were next to me, but the aunts on the left seat seemed to be islanders and had a conversation saying “Hey, I’ve been shaking for a long time,” so it seems that the situation is not without exception.
I have experienced jetfoil to Macau and Iki iland about 30 times, but honestly this time was the strongest. I was worried that I would not sink due to such a shock.

船内 Onboard

そんな荒れた海を無事に越え、遂に伊豆大島へと到着です。

レンタカー屋さんも、今日は欠航するかもと思ってました、との事。晴れた爽やかな大島でしたが、風が強いのなんの。到着港は岡田港という入江になってる方の港で、通常は元町港なんですが海が荒れた時はこちらになります。

We have successfully crossed such a rough sea and finally arrived at Izu Oshima.
The car rental shop also thought that it might be canceled today. It was a sunny and refreshing Oshima, but the wind was strong. The port of arrival is the port of Okada Port, which is an inlet, usually Motomachi Port, but it will be here when the sea is rough.

②調布飛行場から飛行機

東京西部の調布飛行場から伊豆大島までは飛行機で片道12,000円で25分という短い時間で到着する事が出来ます。尤も、調布空港へ行くのに山手線南側からだとかなりの時間がかかりますので、お金と時間を考えて選択するといいでしょう。

From Chofu Airfield in western Tokyo to Izu Oshima, you can arrive by airplane for 12,000 yen one way in 25 minutes. Of course, it takes a lot of time to get to Chofu Airport from the south side of the Yamanote Line, so it’s a good idea to consider your money and time.

大島空港ターミナルビル Oshima Airport Terminal Building

新中央航空 Shintyuou Airlines(New Central Airlines)

伊豆大島から本州へ

①の時刻表の逆パターンです。基本、同じ航路を往復していますので運行本数は変わりません。

港がどちらになるかは朝になってみないと分かりません。レンタカーも元町港から歩けるところにあっても、岡田港の場合は送迎が必要になったりしますが、その辺はレンタカー会社は慣れたもので、事前にどの港でどうやってミートするか、事前に連絡をくれますので安心です。

I don’t know which port will go until morning. Even if the rental car can be walked from Motomachi Port, in the case of Okada Port it will be necessary to pick up and drop off, but in that area the rental car company is accustomed, and in advance how to meet at which port, It will be safe to contact you.

大島内の港紹介

大島観光協会の貼っておきますね http://www.izu-oshima.or.jp/

元町港 Motomachi port

うっかりターミナルを取り忘れましたが、その横の防波堤です。結構波が立っているのが分かりますでしょうか?

波の高さにビックリしました。この高さで写真撮ってて波しぶきを受けて更にビックリですΣ(・□・;)

I was surprised at the height of the waves. I was taking a picture at this height and I was even more surprised by the waves.

岡田港 Okada port

新しい感じですね。とてもきれいな建物で、今回利用した港は結局、往復こちらになりました。

元町港と比べると宿や食事施設はあまり無い、港だけがぽつんとある様な立地でした。

It’s a new feeling. It is a very beautiful building, and the port used this time ended up here and there.
Compared to Motomachi Port, there were not many inns and food facilities, and it was a location where there was only a port.

岡田港ターミナル内 Okada Port Terminal

岡田港3Fレストラン 3F Restaurant

今回の利用ホテル:Hotel Book Tea Bed

都内に何店舗かある、『本』×『カフェ』×『泊まる』 こだわりの空間の宿です。

宿泊客は20代のカップルが8割ってとこでした。

There are several shops in Tokyo, “book” x “cafe” x “stay”.
The guests were 80% of couples in their 20s.

入口前 entrance

レンタルバギー。島内近場をこれで周れます。島一周は無理かな。Rental buggy

フロント回り Front

1Fドミトリー前の本棚 Bookshelf in front of dormitory

2F廊下 Corridor

縦型ツインルーム。同性同士用かな。海側向けのこの部屋は風切り音がすごかったですが、夜には収まりました。陸向きの横型ツインの方がカップル向けでしょう。

Vertical twin room. Is it for same sex? This room for the sea side had great wind noise, but it stopped at night. A land-oriented horizontal twin would be more suitable for couples

 

ベッドルーム、洗面、浴室共に清潔感があり大島内での宿泊でお洒落なプチホテルとしての地位を確立していますね。

The bedroom, washroom and bathroom have a clean feeling and staying in Oshima has established itself as a stylish petit hotel.

郷土料理紹介

夕食はホテルから歩いて10分弱のお寿司屋さんへ。これはうつぼの唐揚げ。美味しかったです♪

Dinner to a sushi restaurant less than 10 minutes on foot from the hotel. This is a deep fried pot. It was delicious

大島と言えば郷土料理の『べっ甲寿司』は外せませんでした。・・が、白身魚の漬けがネタだけに味が濃い・・・。2貫か3貫でよかったかな。

Speaking of Oshima, we couldn’t miss the local cuisine of “Bekko Sushi”. ・ ・ The pickled white fish has a strong taste only for the material. I wonder if 2 or 3 pieces were good.

ホテルで食べた『くさやチーズサンド』。くさやが匂いが臭いって散々テレビなんかでやってたんで、興味本位に食べてみましたが、全然平気~♪美味しかったですよ。テレビ大袈裟すぎですね(笑。

“Kusaya cheese sand” that I ate at the hotel. Kusaya smelled bad and I was doing it on TV, so I ate it with interest, but it was fine ~ ♪ It was delicious. TV exaggerated

翌朝は大島温泉ホテルから戻って、更なる朝食として玄関前で島あずきサンドだったかな?を頂きました。これも甘さがくどすぎず美味しかったです。

The next morning was Azuki Sands in front of the entrance? I received . This was also delicious without too much sweetness.

昼食は岡田港の3Fレストランの島むすび弁当です。It’s island local food Shimamusubibentou.

 

この看板に惹かれました。

一番美味しそうな塩むすび・黒よりも、シンプルな塩むすび・白の方が美味しかったです。

他に白身魚の漬けコロッケ、鶏から塩レモン、明日葉タマゴ蒸し、姫ワタリガ蟹のチリソース、カボチャの甘塩煮、胡麻味噌オクラ、梅キャベツガリ、笹よもぎ餅が入っていました。

個人的好みで云うと、塩むすび・黒とカボチャ、オクラ以外は好みでした。

The simple salted white were better than the salty and black that seemed most delicious.
In addition, pickled croquettes of white fish, chicken and salted lemon, steamed egg from Ashitaba egg , chili crab, simmered pumpkin sweet salt, sesame miso okra, plum cabbage gully, and bamboo grass mochi were included.
In terms of personal preference, I liked everything except salt, black, pumpkin and okra.

裏砂漠

今回一番楽しみにしていたのがここ、日本唯一の砂漠にして黒い砂漠『裏砂漠』です。

レンタカーで向かったところ、入口には駐車スペースも無く、300mくらい行き過ぎたところの空き地に車を停めて車道を歩いて向かいました。

バイクや自転車なら入口に停めるスペースはありました。

What I was looking forward to most this time was the only desert in Japan, the Black Desert, the name is 「Ura Desert」.
When I headed for the rental car, there was no parking space at the entrance, and I parked my car in a vacant lot about 300m too far and walked on the road.
There was space to park at the entrance for motorcycles and bicycles.

レンタカー進入禁止です、ご注意を。Car rental no entry

入口から徒歩で見晴らしの良いところまで約20分登りましたかね。結構疲れましたがその価値はありました。

鳥取砂丘の様にさらさらの砂ではなく、大きめの粒子が薄く積もっている様な感じでしたので、足を取られる場所は途中までは無かったので登りやすかったと思います。

Did you climb about 20 minutes on foot from the entrance to a good view. I was pretty tired but worth it.
It was not sandy like the Tottori Sand Dunes, but it seemed to have large particles piled up thinly, so there was no place where I could take my feet, so I think it was easy to climb.

温泉と朝食

今回、大島温泉ホテルの朝食と入浴セットを2,100円で予約しておきましたので、朝から山手へ上がって朝ぶろを楽しんできました。結構年季の入ったホテルでした。

朝食は画像は無いんですが、フロントのあるフロアの奥に座席の宴会場を靴のまま上がれるようにした朝食会場でのバイキングでした。

This time, I booked a breakfast and bathing set at Oshima Onsen Hotel for 2,100 yen, so I went up to mountain from morning and enjoyed the morning bath.
There was no image for breakfast, but it was a buffet at the breakfast hall where the banquet room with seats could be lifted as shoes behind the floor with the front desk.

風呂は写真を撮るわけにいきませんでしたので、ホームページから画像をお借りしています。

露天風呂から見る三原山の景色が素晴らしかったです。

I couldn’t take a picture of the bath, so I borrowed images from the homepage.
The scenery of Mt. Mihara seen from the open-air bath was wonderful.

伊豆大島と伊豆諸島(伊豆7島と小笠原諸島)の相関関係とまとめ

伊豆大島のお土産は椿や明日葉を材料にした食べ物や油、クリーム、それに大島牛乳などでしょうかね。後、先ほど触れました「くさや」ですね。

The souvenirs of Izu Oshima are food, oil, cream, and Oshima milk made from camellia and shitaba leaves. Later, I mentioned “Kusaya”.

島から島への行き方-(Island hopping) Getting from island to island

ちょっと小さくて見づらいですが、伊豆大島へは飛行機と船いずれでも行けますし、一番本州に近い場所にあるため欠航率も低めですので、伊豆7島へ行ったことのない人が最初にチャレンジするのに最適な島だと思います。

これより先へは十分な日程の余裕をもって複数の島を渡り歩くアイランドホッピングツアーを自分なりに組んで行った方がいいなと感じました。

次回私がチャレンジしようと思っているのは、

全日空で羽田から八丈島、ヘリで八丈島から三宅島、新中央航空で三宅島から調布空港のルート

調布空港から神津島、神新汽船で神津島から式根島と新島へと渡り下田港へ行くルート

上記の2つを2回に分けて行ってみたいと思っています。

今回初めての伊豆大島(伊豆諸島)訪問でしたが、思っていた以上に印象に残る見どころがあったなという印象です。

You can go to Izu Oshima by airplane or boat, and since it is the closest to Honshu, the cancellation rate is low, so those who have never been to Izu 7 island challenge first I think it is the best island to do.

Next time I am going to challenge
① ANA route from Haneda to Hachijojima, Helicopter from Hachijojima to Miyakejima, New Central Airlines from Miyakejima to Chofu Airport
② Route from Chofu Airport to Kozushima and Shinshin Kisen to Shimoda Port from Kozushima to Shikinejima and Niijima.
I would like to go through the above two in two parts.

This was my first visit to Izu Oshima (Izu Islands), but it was an impression that there were more impressive attractions than I thought.

島内一周ドライブの途中では、こんな雄大な断層を間近に見ることが出来ましたし、

In the middle of the drive around the island, I was able to see such a magnificent fault up close,

天候に恵まれたこともあり、海の向こうに見える富士山がとても美しく見ることができました。

裏砂漠以外にも見どころがあり、ゆったりと過ごせるいい場所だったというのが今回の印象です。

Due to the blessing of the weather, I could see Mt. Fuji over the sea very beautifully.
The impression of this time was that it was a good place to relax and enjoy attractions other than the back desert.

地域振興券「電子しまぽ」のお得な利用方法について

最後になりましたが、伊豆7島をはじめ小笠原諸島でも使える地域振興券の電子版『電子しまぽ』(しまぽ通貨)というものがあるんです。

Japanese electronic money 「Denshi Shimapo」Shima Currency Office 0570-001542

ご覧頂くと分かりますが、8,000円で1万円分使える商品券をスマホとクレジットカードがあれば手に入れられるんです。

宿泊代にしか使えない3000円分があるため、宿泊費を現地決済する必要がありますが、その条件さえクリアしていれば非常にお得に島めぐりが出来るようになっています。

伊豆諸島へお出かけの際には是非、これをゲットしてお出かけしましょう♪

最新情報をチェックしよう!