ANAマイルを貯めて海外旅行へ!ビジネスクラスも夢じゃない♪

皆さんこんにちは、旅ねこです。今日は私の旅の原資ともいうべき飛行機のマイルについて、ここで解説しておこうと思います。

航空会社のマイルとは?使い方、貯め方基礎知識編。

皆さん、旅に出る時にはどうしても車や鉄道、飛行機、そして船といった移動手段を必要とすると思います。徒歩だけで旅をする本物の修行僧の様な方はさすがにほとんどいないと思いますが。
私の場合、国内は北海道・東北・関東・九州の温泉やグルメをメインに、海外では目的に応じてアジアと北米、ヨーロッパへ足を向けることが多いのですが、遠方へはやはり飛行機利用となりますよね。

全日空のマイルの貯め方

そんな訳で、今日は私がメインの交通手段にしているANA(全日空)のマイルをいかにして貯めているかについて解説させて頂きましょう。
先ず、マイルは飛行機に乗って貯めることが出来ますが、残念ながら出張族でもない限り大したマイルは貯める事は不可能です。

では、次にクレジットカードでマイルにポイントを移行する方法ですが、これもやはり限界があり、通常の海外旅行年1回と国内1回の搭乗マイルとクレジットマイルでは年間3~4万マイルが関の山でしょう。
そこで私は以下の方法でマイルを貯めて年数回の海外・国内旅行に行っています。

⓵ネットショッピングやクレジットカードの入会時にポイントサイトを経由してポイントを貯めて、そのポイントをマイルへ移行する。

ポイントサイトって何?って思われる方もいるかも知れませんが、企業が販売や入会などにコマーシャルなどの広告費を使うんですが、その中の一つにポイントサイトへも広告費を渡して、ポイントサイトが自分たちのサイトを経由して各種サービスを申し込んでもらった人へポイントでその収益の一部を還元することなんです。

ポイントサイトもいくつもありますが、多くの方が利用されている実績のあるサイトを利用するといいでしょう。この後紹介するのは一番メジャーなサイト2社になります。

最近ではマイルを使って特典航空券が取れなくなってきている、という声も随分聞く様になりましたが、これはそんな人たちが多くの特典航空券を取って旅に出ているためなんですね。

先ず、マイルは航空会社のポイント制度である、という点を念頭に置いて下さい。今、巷にはポイントがあふれかえっています。このポイントを顧客情報を登録してもらうかわりにどんどん付与することで企業は顧客の購入傾向をはじめとする行動原理を読み解くためのビッグデータを得られます。

それが現在のなんとかペイやポイントであり、顧客の囲い込みとデータ獲得競争の基本になっています。これらの原資は企業の広告費によって賄われています。当然広告費は我々がモノやサービスを購入した企業の利益から捻出されていますので、私たちはこれをポイントを得ることによって取り戻すことになります。

ポイントを得るには幾つもの方法がありますが、考え方の基本として各企業が宣伝広告費をこれらポイントサイトへ支払って自分たちのサイトへ誘導してもらう事で成り立っています。

そのため、各ポイントサイトは自分たちのサイトで先ず会員登録をしてもらって、自分たちのサイトを経由して下記のサービスを受けてもらったり購入してもらったりすることで多くの企業から次の宣伝広告依頼を受けるというサイクルで経営が成り立っています。

1.ネットショッピング(楽天やヤフーショッピング、専門店、百貨店など)を各ポイントサイト経由でそのサイトへ行きお買い物を行う。

2.クレジットカード会員や銀行口座、FXや信用取引口座などの口座開設を各ポイントサイト経由でしてもらう。

3.各ポイントサイト経由でモニター案件の飲食施設などへ行ってリポートしてもらう。

といった具合に自分たちでは中々お客様を集客したりモニターをしてくれる方を見つけるのに多大なコストや労力が必要なため、色々なポイントサイトを通じて効率よく行い尚且つ私たち利用者にもポイントが貯まってメリットが出るという、ウィンウィンの構図が成り立つのです。

ポイントサイトとは?TOKYUルート解説。

では、ポイントをANAマイルへ移行するために必要な必須クレジットカードとポイントサイトと言われるサイトを紹介していきましょう。

⓵ANA TOKYU POINT ClubQ PASAMO マスターカード。これだけは陸マイラー必携のクレジットカードですのでまず最初に発行しておきましょう。これが無いと各ポイントサイトのポイントをドットマネーまで持ってきてもそこからTOKYU POINTへ移してANAマイルへ移行する事が出来ませんらね。

⓶ポイントサイトのドットマネーは登録必須です。ハピタスやモッピー、ポイントインカムなどはどこでポイントを貯めてもいいのですが、75%でANAマイルへ移行するには今のところドットマネー以外のサイトからTOKYU POINTへ移行が出来ません。

            上図、各ポイントサイトのポイントからANAマイルまでの流れ。2019.7.26時点。

多くの陸マイラーと呼ばれる方々が愛用する老舗サイトから、クレジットカードや銀行、FX口座をこのサイトを経由して開設することで、モッピーからポイントを得ることが出来ます。

楽天やヤフーショッピングでのお買い物もこの様なポイントサイトを通して行うことで楽天ポイント・Tポイント(間も無くPAYPAY残高に変更)との二重取りが可能になります。

モッピーやハピタス、ポイントインカムなどのポイントサイトで得られたポイントは、このドットマネーのポイントへ等価で移行することが可能です。そして次にこのクレジットカードへポイント移行すると、そのポイントが75%の交換率でANAマイルへ変換できます。

これらのポイントをマイルへ交換すれば、簡単にビジネスクラスで海外旅行へ毎年行くことが可能になるのです!

このカードを持つことによって、TOKYUポイントをANAマイルへ移行することが出来ます。

今までTOKYU POINTを貯める事が難しかったっため注目度は低いカードでしたが、2019年6月現在ドットマネーのポイントをTOKYU POINTへ移行できるようになったため俄然注目度がアップしたカードです。

年会費は2,000円(税別)(初年度は年会費無料)で、1,000TOKYU POINTを750マイルにすることが出来ます。

更にこのカードはマイ・ペイすリボに設定しておくと、たとえ100円の利用でも年に一度の利用で、年会費が半額以下の751円になりますので、普段使いのクレジットカードは別にしておいて、このカードはドットマネーからのポイント経由のみに利用すれば、毎年継続マイルの1,000マイルが手に入るお得なカードとして手元に置いておいて損はないカードです。

私をはじめ、多くの旅人たちがこの様なルートを経てマイルを貯めて旅に出ているのです。

この様に陸でマイルを貯める事で日々の生活でマイルを倍速以上で貯めて旅立つことが出来ることを知っておいて損はありません。

もしまだこのマイルを貯める基本を知らなければ今すぐにでも始めてみて下さい。実際、私は年間30万マイルをこうして貯めて、ビジネスクラスで海外へ行ったり東北へ湯治の旅へ出たりしています。

まだポイントサイトに登録されていない方は宜しければこちらからご登録頂けますと300Pが私に、私の紹介経由でモッピーにご入会後、入会の翌々月末までにモッピーで5,000P以上獲得で、2000Pがプレゼントされますので、宜しければこちらからご登録下さい。

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

モッピーやハピタスの10,000ポイント⇒ドットマネー⇒ANA TOKYU POINT ClubQ PASAMO マスターカード。(長い名前ですね~)⇒ANA7,500マイルこんな感じですね。現在は各サイトがキャンペーン中で増量やポイントバックでLINEルートよりお得になっているポイントサイトが多くなっています。

☆このルートの良いところは、ソラチカルートと違って月の交換上限が無いところです。ソラチカルートは月に2万ポイント=18,000マイルまでしか移行できません。

ソラチカルート2019年12月27日をもって閉鎖となりました。

還元率を重視する方もいるかと思いますが、現在ANAマイルは多くの方が大量保有しており、盆、正月、GWなどの繁忙期は国際航空券予約開始日の355日前の争奪戦です。

そうなると、毎月18,000マイルをちまちま貯めていても、その間に一度や二度は貯めたマイルを使ってどこかへ旅行へ行くでしょうし中々マイルが貯まりきらず、ようやく1年がかりで貯めたマイルをさあ使おうと思っても既に特典航空券の提供座席は満席で更に1年後の分の予約を待つ羽目になるなんてことが起こります。

特典航空券でファーストクラスの座席を取って旅行へ行くのは仮に2019年1月からマイルを貯め始めたとして、10月に18万マイルが貯まりファーストクラスの座席を確保できる繁忙期は2020年の年末から2021年の年始の分、という事は実に2年がかりの壮大な計画になってしまいます。

モッピー以外に私が利用しているハピタスの登録は下から。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントサイトでは、メールマガジンへの登録やアンケートサイトへの登録などでもポイントが貰えますので、損失を出す可能性のあるFXや年会費の掛かるクレジットカードを発行するのはイヤだという方は、ドカンと一気には無理ですが完全無料でマイルを貯める事も可能です。

私はホッケーを観にカナダへ行くためにマイルを貯め始めましたが、海外旅行へ少しでも安く行きたい、或いは年に1回の旅行を2回にしたい、という方など目的は様々だと思います。

このブログが少しでもあなたのお役に立てば幸いです。

最新情報をチェックしよう!