ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよんは国内ホリデイ・イン最強ブッフェ!子供連れにもお薦め♪

皆さんこんにちは旅ねこです♪

最近の春の暑さにやられてて早くもグロッキーでしたので、避暑に長野の温泉へと行ってまいりました。

とにかく20℃超えると使い物にならなくなってしまうねこなもんですいませんねぇ(=^・^=)。

と、いう訳で行ってきたのはお題にもある、なが~~い名前のホテル、ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよんです。

ANAホリデイ・インリゾート信濃大町くろよん https://kuroyon.holidayinnresorts.com/

前から行ってみたいなと思ってたんですが、急遽1週間前にパタパタ予定を立てちゃって行ってきましたが、感想は、めっちゃ良かった!!です。

国内ホリデイ・イン系最強~☝ふりふり~♬ さて、誰のマネでしょうかね(笑)

冗談はさておき、早速その真価を余すところなくお伝えしようではあ~りませんか!

目次

アクセス・外観

地図をご覧下さい。くろよんロイヤルホテル閉鎖となっていますが、実は2020年春にリブランドオープンしてホリデイ・インとなっています。旧くろよんロイヤルは古びたホテルとの評でしたが、かなり手を入れた様で今回私が訪れた際には素晴らしい施設となっていました。

最寄りの大きな駅は信濃大町で、特急しなのの停車駅となっています。

駅から無料送迎バスが出ていますが本数が少ないので上記の送迎時間に合った特急に乗って向かうか、レンタカー等で行くかでしょうか。飛行機の場合、最寄空港は名古屋空港又は松本空港ですのでFDA(フジドリームエアライン)利用ですが就航都市が限られちゃいますね(;^_^A

ザ・山岳リゾートって感じの建物です♪

フロント・ロビー

フロント・ロビーは玄関を入ったところにありますが、実はここが2Fになっています。

玄関を入ってすぐ左手にフロントデスクがあり、こちらでチェックインです。

私は現在プラチナ会員のため、ポイント又はウェルカムドリンクが選択出来ましたので、今回はドリンクチケットを頂くことにしました。

フロントの向かいには売店が。山のホテルだけあって、売ってるものがお土産以外に山用フリースなど山の雰囲気が出てました。

玄関を入って右手にはギャラリーがあり、中は信濃大町の観光案内版があります。

ギャラリーの奥にはロビーラウンジが。落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

こちらは玄関を入って正面のロビーで、暖炉と煙突がいかにも山のリゾートホテルへ来た感を出していました♪

客室

私はプラチナエリートの効力で、スタンダードシングルから2ランクアップの1Fのスーペリアツインへアップグレード頂けました。感謝です(^^♪

因みに部屋タイプは以下の様になっています。

キッズスイート、ファミリールームと、ファミリー層をターゲットにしているのが分かりますね。

ウェルカムアメニティのミネラルウォーター2本がテーブルに。

ソファ。ゆったりと過ごすことが出来ます。

テラスが付いており、併設のゴルフ場が眺められます。

サービスのコーヒーや煎茶、紅茶。

コップとグラス。

ティファール。

テレビも大型でした。

スリッパは室内用の使い捨てと、大浴場へ行く時のための消毒済みのものと2通りが用意されていました。

アメニティはホリデイ・イン標準アメニティです。

トイレとバスはセパレートで。清潔感があります♪

浴室はバスタブあり。尤も、今回は旅の最大の目的温泉大浴場があったので利用していませんが。

館内施設

リゾートホテルという事で、プールをはじめ施設は結構充実してましたね。

温泉

1Fにある温泉大浴場へは部屋からすぐでした。入り口手前にこの様にタオルとバスタオルがビニール袋に入れてセットされていました。これはコロナ対応のためで、本来はこの前の受付カウンターで受け渡しになります。

受付カウンター。プールの受付も兼ねています。

入り口で部屋のキーをかざして入ると脱衣所へ。

成分表です。残念ながら湯温が高いため加水されていますが、循環では無くかけ流しです。

洗い場はもう一つありましたので、湯船と合わせれば一度に20人くらいは問題なく入れますね。

内湯は2つで、こちらはぬる湯で私には丁度いい湯温でした。

こちらの内湯は熱めの湯船。

開放的な露天風呂で最高でしたね♫

湯温はやや熱め。

この日は正直仕事で1週間ほど忙しくって疲れ切ってて、来るのを止めようか迷ってたほどでしたが、この湯に浸かって2~3時間後には驚くほど快調になっていました。加水してる上、単純泉なんで匂いも肌触りも何の特徴も感じられなかったんで、効能も期待して無かったんですが、いやいや何の、疲れが取れて素晴らしい温泉でした(^^♪

レストラン

レストランは2Fの奥、ボタニカレストランという名称です。

夕食

メインを一品選び、それ以外はブッフェの所謂セミビュッフェスタイルか、好きなものを注文して食べるアラカルトスタイルを選択することに。今回はセミビュッフェで更にメインを追加料金を払って選んだ鹿肉のステーキに。

レストラン内の雰囲気も山岳リゾートっぽくて、とてもよかったです。

キッズメニューがありました。家族連れには嬉しいですね♪

コーヒーや紅茶、煎茶など。

ソフトドリンク。

サラダはわさびドレッシングがあるあたりが安曇野エリアらしくていいですね~。当然これをチョイスしましたが、わさび味がきいてて個人的にはとても気に入りました♫

味噌汁とジャガイモのスープ。

スイーツ類が充実してて美味しかったです😋

パテなど多くの料理がこういった小鉢形式で提供されていました。この辺もコロナ対応ですね。

パンとチーズ。

中央のビュッフェ台。

これが私が取ってきた料理です。小鉢だらけなんで、小分け皿はいらなかったです。

はい、メインの鹿肉。美味しそうでしょう・・はい、美味しかったです😋

鹿肉はヘルシーでいいですね~♫

朝食

爽やかな朝も同じレストランでブッフェスタイルです。スイーツはありませんでしたが、夕食時とは結構変わっていて、やはり抜群に美味しかったです。

外の景色を楽しみながらの朝食です♪

朝もキッズメニューは健在です。チーズドックやポテトフライなど。

子供向けスライスハムやスライスチーズ。

湯豆腐。

野沢菜や特にこの信州きのこポン酢が美味しかったです♪

アップルスパイシーカレーと味噌汁。

点心かと思いきや、長野名物のおやきでした。私あんまりおやきって美味しいと思ってなかったんですが、これは美味しかったです。

ご飯とお漬物類。

サラダとドレッシングも充実。ドレッシングはやっぱりわさびドレッシング(^^♪

定番のベーコンやスクランブルエッグ。

パンの種類も豊富でしたね。

フルーツ類。

ヨーグルト。

温泉卵に納豆。和食もちゃんとあります。

これが私の朝食です(^^♪

因みに、目玉焼きはテーブルの上にある11番の札を持ってカウンターへ行って注文するスタイルです。この番号のテーブルへ焼けると持ってきてくれることになります。両面焼きでトッピングにパプリカとチーズ、それに野沢菜が選べましたので入れてみましたが、これがなかなかアクセントになってて美味しく感じました。新たな発見ですねこれは。

この日の朝食は気が付けば実に1時間近くがあっという間に経っていました。私が一時間も朝食を摂っているなんて今まで記憶にありませんが、それくらい美味しくて豊富なメニューがあり、雰囲気を楽しめる朝食だったと思います。

カフェ

暖炉右奥のエデンカフェ。先ほど貰ったドリンクチケットはここでも使えましたが、今回は夕食時に利用することに。

フィットネス

このフィットネスに限らず、全ての施設が入り口の黒い部分にルームキーをかざしてロック解除して入るシステムでした。

そんなに広くはなかったですし、器具も最低限でした。まあ、ここでトレーニングする人も少ないでしょうしね。

キッズクラブ

いらっしゃい(^^♪

何だか楽しそうな遊具がありますね♪

誰もいませんでしたが、写真を撮り終えた後にちょうど家族が利用しに来ました。

プール

屋内プール。結構大きいんでびっくりです。プールがある事を知らなかったんで水着を持ってきてなかったんですが、受付で3500円くらいで売ってました。女性用はもうちょっとするのかな?

周辺観光とまとめ

最初の地図でも見て分かる様に、立山黒部アルペンルートの長野側登り口である扇沢への麓にありますので、ここで宿泊して黒部ダムへ観光に行ったり、白馬でのスキーを終えてこちらに宿泊する方が多いのではないでしょうか。

立山黒部アルペンルート https://www.alpen-route.com/index.php

実は私は今回の滞在で国内のホリデイ・インを全て宿泊したことになり、遂にホリデイ・イン全制覇となりました。

これを以てワタクシ、勝手にホリデイ・インマスターを名乗ることに致しました(笑)

いやあ、だからと言って何がどうという事も無いんですが、個人的にはホリデイ・インはご当地料理を楽しめるところが多いんでとても気に入っています。

さあ、これで疲れも取れた事ですし、又次なる旅の計画を立てることになりますが、果たして次は如何なるところへ行くのでしょうか?

では、皆さん今回長めの記事となりましたが、お付き合い頂きまして真にありがとうございました。又お会いしましょう👍

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

一匹旅で各地を転々とする旅ねこです。
勤めネコですが、仕事を含め国内、海外を問わずグルメや温泉をとことん満喫し、旅の出会いを楽しんでいます。若かりし頃情熱を燃やしたアイスホッケーを今も愛しており、アメリカ・カナダに行った際には必ずNHLを観戦しています。
I am travel cat . I am a cat who loves delicious food and hot springs.
I still love passionate ice hockey when I was young, and I always watch NHL when I go to the United States and Canada.

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる