ツーリズムEXPOジャパン2019ダイジェスト

皆さん、ようやく秋の風が心地よく感じられるようになってきた中いかがお過ごしでしょうか?

今回、大阪初開催のツーリズムEXPOジャパン2019に行ってきましたので、その詳細をレポートさせて頂こうと思います。

先ずは入口ですが、会場のインテックス大阪の会場マップの1号館とセンタービルの間になります。

そして、ここから人によって興味のある地域や業種により1号館から6号館迄どこへ先ず行くかが決まってくると思います。

会場内飲食店屋台

私の場合、昼過ぎに到着したので先ずは腹ごしらえということで、一番奥の6号館Aの屋台が並ぶ丼や関西のうまいものコーナーを目指すこことなりました。

今回先ずはやまふじの魚介系とんこつラーメンに狙いを定めました。

柚子の香りと鰹出汁だと思うんですが、味・香り共に素晴らしく、大変美味しく頂けました(^^

ネコ舌でも大満足。いや~、幸先いいスタートです。🎵



これだけでは足りないので、次なる標的を探し求めて丼コーナーへ行くと、ミシュランでも紹介されている赤牛丼のお店に行列が出来ているではありませんか。

只、覗いてみるとそこそこボリュームがあり、この日は夜も会社の上司と大阪市内で天ぷらを食べに行く約束をしてしまっているため、もう少し手軽なメニューを求めて6号館Bのワールドグルメコーナーへと移動です。

企業PRキャラクターたち

移動途中では出展企業や地域のキャラクターが練り歩いているのに遭遇しました。

JR西日本のイコカのキャラクターイコちゃん。

ひこにゃん、くまモンと並んでお気に入りのキャラクター。ネコの私はイヌ以外はOKです♬

ワールドグルメコーナーはそれほど出店は多くなくて残念でしたが、空飛ぶパンの異名をとるマレーシアのロティ・チャナイを選びました。

お兄さんの右手に置いてあるパンが、どんどん引き延ばされていってこんなに薄く広がりました。そして、

お兄さんが片手で回し始めると本当にふわっと浮いてクルクル回るんですね~。

いや~、作るのを見ているだけでも楽しいですね~。

完成したロティ・チャナイ。カレーがとても美味しくて、もちろん完食でした。

これでようやくお腹が満たされてさあ、見て回ることに。

いろいろな国の政府観光局や、委託された観光業者がパンフレットを片手に説明をしてくれ、航空会社や空港のブースになどはクイズやVR試乗体験などもさせてくれました。

カタール航空で人気の世界都市へお出かけください。

航空会社ブース
JALやANAはさすがに国内の大手キャリアだけあって、大きなブースを構えてエコノミーやクラスJ、普通席との比較体験などもさせてくれており盛況でしたね。私がJALのブースへ足を運んだ時はちょうど植木社長がブースの女性職員の方とにこやかに立ち話をされていました。う~ん、さすがはツーリズムエキスポジャパン。

フライングホヌの模型展示

JALは盛況すぎてお客さんだらけで写真はあきらめました。

チャイナエアラインのブースに行くと、販売が中止されているカウチシートは今回普通に座席一覧でも載っていたが、又利用できるようになるんですかね?

エアカナダではしぐネーチャークラス(ビジネス)のVR体験をさせてくれました。

VRコーナーのお兄さんは親切に対応してくれましたが、質問はエアカナダの社員のおじさんに聞いてもらえればとのことでしたので、どのブースも社員は少なめで対応しているようでしたね。

エジプトのブースでは、クレオパトラの扮装をしたお姉さんが親切に説明してくれていましたが、ご自身はエジプトに行ったことがないとのことでした。笑)

日本の地域別ブースではやたらと日本酒などの試飲コーナーが多くて、べろんべろんになりそうで途中でセーブしなければ大変なことになりそうでした。

日本の観光協会や観光連盟などと比べると、海外の場合やる気のないブースも見受けられて温度差はかなりありましたね。

今回、大阪初ということで半日かけて回ってみた感想ですが、中での食事を含めて十分楽しめるんじゃないでしょうか。

ロシアブースでシベリア鉄道のことを聞いたり、エアカナダでマイレージプログラムなどを社員の方に聞いてみても、詳しい情報はあまり出てきませんでしたので、置いてあるパンフレット以上の詳細情報は期待はできないと思います。

親子連れでの一日楽しめるイベントとしてはお勧めです。

今回は明日で終了となりますが、次回以降も近くにお住まいの方はぜひ、一度は足を運ばれてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!