東京絶品グルメ一人飯。~人形町・東銀座編~

私は年間60日前後を東京とその周辺で過ごしていますので、今回は東京出張の際の一人で入れる美味しいお店を幾つか紹介していきたいと思います。

先ずは一押し、人形町にある串揚げなかやです。

メトロ日比谷線又は都営浅草線の人形町駅近くで、小さなビルの階段を2階へ上がるとお店です。

今回は14串のコースにしました。他には12串とストップをかけるまで次々出し続けられるコースなどがあります。

串揚げなかや

なかやさんがある人形町はとても趣のある雰囲気のいい街で、東京の喧騒からは離れた落ち着いた老舗が点在するエリアになっています。 

地下鉄の駅からなかやさんへ向かうとこんな感じの造りのお店が何軒も見えてきます。

云わずと知れた老舗のすき焼きや『人形町今半』さんも途中にあります。

入り口

焼き鳥屋さんの入り口の横にのれんが見えますが、この2Fにありますので少し分かりづらいです

1人か2人の時はこのカウンターで食べることになります。イケメンの大将と話が盛り上がることもあって、私は1人で来る方が多いですね♪

コース料理の前菜とスープ。スタートから美味しさが溢れます💛♡

サラダの野菜スティックも甘みがあって美味しい良質なものが出されていて嬉しい(^^♪

つけダレは10種あり、店員さんがそれぞれの串に一番合うものを教えてくれますので、初めての場合は素直に従いましょう笑)。

ここは東京での私の一番お気に入りのお店で、とにかく軽くて食べやすい上にどれも美味しくてハズレ串が1本もないのが素晴らしいです。

一緒に来たメンバーも大絶賛の美味しさで、味良し、雰囲気良し、値段もそれほど高くなく飲み代入れても7000円~8000円程度という事なしのバランスの取れた良店として私の太鼓判を押しときます。

「お前がどんだけグルメかわからんだろうが」、と言われればそれまでですが、一度行ってみて気に入れば又次から参考にして頂ければと思います。

締めの梅干し茶漬け。これが又梅干しがすっぱすぎない甘みのある美味しい梅干しなんですね。

私は東京に来るたびにちらへお邪魔する様になりました。ご馳走様でした。

続いてはお昼バージョンとして一押しの花山うどんです。

花山うどん銀座店

お店のホームページからお借りしましたが、とにかく美味しいんです。

私たち関西人はうどんと云えば讃岐うどんか関西風だしの聞いたうどんしかイメージが無い人が多いんですが、日本三大うどんって知ってますか?

讃岐と稲庭までは分かる人はいるでしょうが、水沢うどんまで知っている人は西日本では極めて少ないのが現状です。実際私の周りで日本三大うどんを言える人は一人もいませんでしたしね。

この水沢うどんというのは、関東以北の人たちは知ってらっしゃると思いますが、群馬県の伊香保温泉の近くの水澤寺の参拝客に出されてた事が始まりとの事です。

そして、私がお勧めする花山うどんはこの水沢うどんでは無いものの、同じ群馬県のひもかわうどんをルーツとするうどんになります。

元々、美味しいうどんの条件は良い水と良質な小麦が必要です。そして、その条件が揃う群馬県は実はうどんの宝庫なんです。

水沢うどんやひもかわうどん以外に、私が好きなおっ切り込みという煮込みうどんなどがあります。

このうどん激戦区群馬から、うまいうどんの決定戦を勝ち抜いた花山うどんが旨くない訳がありません。

季節限定おっきりこみ。

上品なつゆが、きしめんを遥かに上回る幅広麺に絡んで素晴らしいハーモニーを奏でてくれます。

夜でも酒のあてになる1品ものが多く、2件目にうどんと酒、軽いあてといった使い方もできる良店です。

場所は歌舞伎座の裏手角でメトロの東銀座駅からすぐです。

私にとって、東京出張は仕事における最大の楽しみでもありますので、今の仕事には本当に感謝です。

最新情報をチェックしよう!