東北秋田秘湯巡り①~新玉川温泉湯治旅は強酸性のお湯がピリピリ来るぞ!

皆さんこんにちは、旅ねこです。

2018年の夏に疲れを癒しに東北の温泉へいってきました。JALのどこかへマイルといえばご存知の方も多いと思いますが、少ないマイルでどこか4か所からランダムに行き先が決まるシステムです。

ちょうどJALマイルが中途半端に貯まっていたため、美味しい郷土料理と源泉かけ流しの温泉に浸かりたかったので、JALサイトへ入って、福岡、新潟、熊本、秋田の4か所だったと思いますがその中からどこかへ行くことになるのでちょうどいいや、と思って申し込みました。

個人的には前年に新潟でとてもご飯が美味しかった上、味のある旅館を見つけたのでそこへもう一度行きたいなと思いつつ、福岡だったら体を休めるどころか中洲へGo!で余計疲れるなぁ、なんて思いながらクリックして、後は、お・た・の・し・み

行き先はいずこに?

さて、その結果はというと・・・秋田でした!おお、東北へこの少ないマイルで行けるのはLucky~。

という事で、いいくじを引いたなと思いながら早速宿の選定に入り、今回は新玉川温泉というバリバリの湯治宿をチョイス。

値段も安く一人で行っても違和感ないところで、兄弟館の玉川温泉より施設は新しくてバイキングの夕朝食もあってきれいな旅館のシングル部屋にて一泊することにしました。当日は秋田空港からレンタカーを借りてダムの横を通り抜けながら宿へと向かいました。

新玉川温泉

https://www.shintamagawa.jp/

行き方

夏場と冬場で通行止め等があるため違ってきますのでご注意下さい。

外観とロビー

非常にキレイで山中の秘湯って雰囲気ではなく、山岳リゾートホテルっぽい雰囲気ですね。女性のグループにも人気があるのが分かります。清潔感って大事ですしね。

大浴場

泉質は強酸性であまり長時間入るのは逆に体に良くないとの事で、たしかにぴりぴりと痒くなってくるのが感じられる酸性のお湯でしたね。温度はどこまで熱くないので湯あたりはしませんが、酸性が強いのでとにかく長湯は禁物です。

館内には看護師さんも常駐しており、健康についてのアドバイスを受けながら長期滞在が可能なきれいなお宿ですので、体を労りに行くにはもってこいのお宿でしょう♪




お部屋




部屋の中も清潔感があって設備や備品も必要なものは全て揃っています。湯治の宿としては申し分ないです♪
夕朝食会場

夕食風景


オープンキッチンまでありました!ホントに当時の宿って思いませんか?素敵すぎです♪





一押しメニューの塩野菜炒め♪美味しかったです~(^o^)

種類も多くて全種類食べるのは1泊では不可能でした。バイキングなんで好きなだけ頂けますね♪

朝食風景




充分な酒類と量でした。体に優しい朝食です♪

玉川温泉日帰り入浴

https://tamagawa-onsen.com/

翌日は玉川温泉へ向かい、本家玉川温泉にも浸かってから空港へ向かいました。泉質は新玉川温泉と同様強酸性でした。こちらの方が昭和感があって、ザ・秘湯って感じでしたね。お好みによってどちらに宿泊するか決めてみては如何でしょうか。その道中の道の駅でお買い物をしたのですが、兎の肉などジビエが置いてあり、秋田ならではの食材土産をゲットできたのは幸運でした。

いやあ、やっぱり東北の温泉や郷土料理は関西人の私からすると素晴らしいの一言につきますねぇ。

火山が無い近畿地方ではこういった匂いの強い温泉は殆どないので、温泉に入った~とう気持ちになれる信州や東北の温泉はとてもリフレッシュできて嬉しくなります。

大阪からは東北便は少なく値段が高止まりしているため、どうしても東北より北海道、となってしまいがちですが、温泉と郷土料理の豊富な東北が私的には行きたい地方NO1.の不動の地位を常々占めています。

最新情報をチェックしよう!