メナード青山リゾートは家族旅行向けか?

皆さん、こんにちは旅ねこです♪

先日三重県伊賀市の青山高原にある、『メナード青山リゾート』へ1泊で行ってきましたので、どんな客層に向いた施設なのか実体験を元にレポートしたいと思います。

施設概要と立地・アクセス

メナード青山リゾートは4つの宿泊施設(ホテルシャンベール・青山ホテル・コテージ・和風館)とゴルフ、各種アクティビティ、そして化粧品会社の運営という事もあって、ビューティー&ヘルシープログラムが揃う、リラクゼーションをテーマにしたリゾートエリアとなっています。

自動車:大阪・名古屋から90分、そして京都からも120分です。

公共交通機関:近鉄特急で伊賀神戸(イガカンベと読みます)駅下車、又は榊原温泉口駅より送迎バスで35分~40分です。

青山高原と云うだけに、山の中を上がっていきますので、周囲にはコンビニなどありませんので、事前に必要なものは買い込んで行かれることをお勧めします。

外観

今回宿泊した、ホテルシャンベールの正面

青山ホテルより後から建てられたため、きれいな外観となっています。温泉大浴場は青山ホテルにもあり、送迎バスで宿泊者は行き来することが出来ます。露天風呂は青山ホテルの方が開放感があっていいので、私は夕食前に一度そちらへも行ってきましたが、泉質も含めてそこまで大きな差はありませんので、面倒な方はこちらだけでもいいのではないでしょうか。

夜のライトアップがメチャクチャきれいでした♪

フロント・ロビー

広いロビーの正面はガラス張りで、開放感あふれる光を最大限取り込める造りとなっています。

客室

シャンベールのお部屋は8畳和室とツインベッドの和洋室となります。

スリッパは使い捨てもありましたので、気になる方はこちらを利用出来ます。

バスルームはこちらです。温泉大浴場があったので、今回ここは利用しませんでした。

シャンプー類はちょっと古めかしい一世代前の一回使い切りタイプのものでした。まあ、大浴場行ったんで使ってないですが。

温泉

誰もいなかったのでちょこっと写真を。ご覧頂くと分かりますが、露天風呂がちょっとシンプルな感じですよね。

泉質はアルカリ泉非常にぬるっとした肌触りのいい温泉でした。おごと温泉や下呂温泉と似てますが、こちらの方がぬるぬる感がメチャクチャあって驚きました。

青山ホテルの露天風呂はこんな感じでした。露天風呂の雰囲気だけならこっちですね。

食事

今回、フランス料理が基本になっているコース料理を頂くことに。

夕食

結構美味しいコース料理で、程よい量だったと思います。

朝食

朝食はこのご時世でしたのでプレートでした

昼食

2,500円(税別)のフレンチのランチ。

デザート。私にはちょっと甘すぎましたかね。

アクティビティ

季節によって多少違ってきますが、ゴルフをはじめ、そば打ちやパン作り、陶芸、ハーブクラフト、ウッドクラフト、オーダーコスメやコスメ体験教室、パターゴルフ、グラウンドゴルフ、テニスに室内温水プール、釣り堀といった多様なアクティビティがありました。

ハーブガーデン。ちょっと時期的に遅かったので、無料期間に入ってて自由に出入り出来ました。

パッとゴルフ場がホテルシャンベールの前にあり、一番近い体験施設でした。

私は他にウッドクラフトを体験させて頂き、いい旅の記念品を作って持ち帰ることが出来ました♪

まとめ

関西圏からは比較的行きやすい場所にある割には意外と知られていないリゾートですが、体を動かしたい若い人たちのグループ旅行や家族連れ、ビューティー&ヘルシー体験を楽しみたい女性には非常に楽しめるリゾートだな、という印象でした。

ホテル自体はそこまで高級感がある訳ではありませんので、男の一人旅や体験を面倒くさがりクラブラウンジだけしか興味が無い男性なんかを連れて行くと面倒くさいことになりそうです(笑)

最新情報をチェックしよう!