ポイントサイトのポイント交換所要日数及び交換率一ラインルート終了後のルートを整理

どうも、旅ねこです。

今日はライン経由でのソラチカルートが2019年末で終了した後の、JALマイルTOKYUルートによるANAマイルとを貯めることができるポイントサイト(経由サイトを含む)を整理したいと思います。

先ず念頭に置くべきは、最もポイントからマイルへの交換率のいいサイトの経由でポイント(円換算)をマイルへ何%で交換できるかです。

ANA=75%(TOKYU POINTから)

JAL=50%(各ポイントから)

上記がキャンペーンを除く常時交換レートとなります。

JALは、はっきり言って簡単です。交換率50%のポイントやポイントサイトから交換すればいいだけで、いくつものルートがあるため、自分の利用しているポイントサイトやクレジットカードのポイントなどから移行するだけです。

ANAも50%で良ければ考え方は同様ですが、せっかくレートのいいTOKYU POINTからのルートがあるので、なんとかしてこのTOKYUルートに乗せたいのが人情(ネコ情)です。

では、下に本日時点での各ポイントからの交換率や交換までのおおよその日数を一覧表にしてみましたのでご覧下さい。

ポイントサイト交換表

TOKYUルートの活用方法

いかがでしょうか?

TOKYUルートへ乗せるにはドットマネーを経由するしか今のところ方法がありませんので、必然的にドットマネーへ等価交換できるサイトが利用価値が高いということになりますよね。

メジャーなポイントの中で楽天ポイントだけは他のポイントとの交換をあまり好まないためANAへの50%交換くらいしか利用方法が無く、楽天ポイントについては楽天グループ内での決済に利用していくのがよさそうです。

私的な考えですが、上記の中からキャンペーンなどを利用して、より効率よくポイントを貯めていけば、ドットマネーを経由できるポイントはANAへ、それ以外のポイントはJALへ振り分けていくと無駄なくこの日系2社のマイルへと交換していけるのではないでしょうか。

勿論、そんなに多くのポイントを貯められないからいくつかに絞って集約していくのも一つの考え方です。

2円⇒1マイルでも悪いレートではありませんが、ANAに関してはTOKYUルートで効率よく獲得していければいいなと思っています。

ちょっとはこの表、お役に立ちましたかね?

それでは、又。

・・あ、ネコの手じゃなかった(;^_^A

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

一匹旅で各地を転々とする旅ねこです。
勤めネコですが、仕事を含め国内、海外を問わずグルメや温泉をとことん満喫し、旅の出会いを楽しんでいます。若かりし頃情熱を燃やしたアイスホッケーを今も愛しており、アメリカ・カナダに行った際には必ずNHLを観戦しています。
I am travel cat . I am a cat who loves delicious food and hot springs.
I still love passionate ice hockey when I was young, and I always watch NHL when I go to the United States and Canada.

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる