京都駅近で一人飯~京都タワーサンド~

皆さん、今日は京都駅周辺での一人で夕食を食べるのにお勧めの施設を紹介したいと思います。

京都駅周辺で夕食をとる場合、一昔前は一匹で入れる夕食場所が少なくて困ったものでしたが、最近ようやく選択肢が増えてきてその日の腹具合に応じてチョイスが出来る様になってきました。

以前は新幹線側の八条口にあるレストラン街が閉まると、後はなか卯かくらいしか選択肢が無かったんですが、今は駅正面の京都タワーの地下に、京都タワーサンドというフードコートが出来ています。

これがショッピングモールなど、どこにでもあるチェーン店ばかりのフードコートとは一線を画していまして、結構幅広いジャンルの店が入っているんですね。

サンド内はどの店で買ったものでも食べられるテーブル席と各店舗のカウンター席があり、カフェなども含めた計17店舗で構成されています(他にレストラン2店舗)。

ホール内はこんな感じでカウンタ席も多く、おひとり様いらっしゃいな雰囲気がgoodです♪

今回私のお勧めは、京都で人気の台湾系中華、魏飯吉堂(ぎはんはじめどう)です。

この店は京都市役所向かいにある京都ホテルオークラの北側の細い筋にある、創作中華の一之船入がプロデュースするカジュアルな店舗になります。

一之船入は高級路線ですが、この店は地元京都の人しか行かない三条通商店街にある魏飯夷堂という店の2店目になり、京都タワーサンドのオープンに合わせて出来た店になります。

上品な味付けの一之船入と比較すると濃いめの味付けの品が多く、若者向けとなっていますが、中々どうして台湾へ行ったことのある人にとっては懐かしさを感じる味が食欲をそそるメニューが揃っています。

私が先日チョイスしたのは、ネギそばランチーそぼろご飯付でした。

ピリ辛のネギそばも美味しいんですが、小さな碗に入ったそぼろご飯が台湾の薫りを感じ、魚肉飯(ルーローハン)を思い起こさせてくれました。

タワーサンドの営業時間は、11:00~23:00と、遅めの設定ですので出張族から飲んだ後の軽い夜食にもピッタリです。

元々繁華街が三条~四条、木屋町~花見小路間になるため、京都駅周辺は主張族がいる割にあまり旨い夕食にありつくには選択肢が少なかったんですが、ここにきてようやくおひとり様用の店が増えてきたのはありがたいですね~。

河原町界隈が昔と比べて少しさびれた感が出てきていますが、観光客の増加に合わせて又京都の街が賑わいを取り戻しつつある中、学生の街京都から多国籍な観光客の街へと変貌するのは時代の流れでしょうが、願わくば学術都市としても発展していってもらいたいものです。

最新情報をチェックしよう!