京都悠洛ホテルMギャラリーは女性をターゲットにしたデザインホテル

目次

外観・アクセス

ホテルは京都市地下鉄東西線又は京阪電鉄の京阪三条駅から徒歩2分です。京都の中心部の繁華街、河原町や先斗町、木屋町、祇園などへ徒歩3分~10分以内の好立地で、京都駅へも地下鉄で東西線から烏丸線へ乗り換えて15分程度で行けますので超絶便利な立地です♫

ホテルは三条通の南側に面していて、現在お隣は空き地となっています。

京都悠洛ホテルMギャラリー公式HP⇒https://kyotoyurahotel-mgallery.com/ja/

フロント・ロビー

エントランスを入って先ずこのオブジェが目の前に。京都らしさがここから演出されてますね。ロビーには画像からは勿論分かりませんが、フレグランスの香りが漂っていてホテルの世界観を感じられます。

階段を数段降りると、吹き抜けにはこれまた竹林が京都らしさを表しています。右手にフロント、左手にはバーラウンジが位置します。

いや~、フロントからしてデザインホテルの本領発揮です。イカした造りがテンションを上げてくれますね~(^^♪

見えてるソファでのチェックインも可能ですので、落ち着いてチェックインが出来るのもこのサイズ感のホテルならではです♪

因みに、Mギャラリーはアコーホテルズの中で、グレード的にはプルマンと同ランク、スイスホテルより若干上の位置付けになります。先日宿泊してきたプルマン東京田町同様、スタッフの方の対応は素晴らしく、アコーの予約システムについて尋ねたところ、調べてから翌日丁寧に教えて頂くことが出来ました。

客室

客室一覧

部屋タイプ広さ7月平日web価格(1室1名)
クラシック22㎡11,200円
スーペリア(ツイン・キング)26㎡13,300円
デラックスツイン31㎡18,200円
京スイート54㎡ホテルへ電話予約要

実際に泊ったお部屋

じゃ~ん!めっちゃオサレですね♬

アコープラチナステータスのお陰で、1ランクアップグレードされて、『スーペリアルームキング』にして頂きました。

アコーホテルズのプラチナ会員ステータスについては、私のサブブログのこちらの記事で詳細を紹介しています。https://tabinekohotel.com/all-accor/

それでは、客室について画像と併せて解説していきましょう♪

先ほどの窓側からの画像とは逆の、入り口側からの画像です。ベッドの奥にイスと、更にその奥には京都らしさを演出する畳のソファが窓際に設置されています。

畳ソファと冷蔵庫の上にはサービスのミネラルウォーターやコーヒーマシンが。

冷蔵庫の中身はプラチナメンバーの場合、ソフトドリンクは無料、そして今回は到着が遅かったこともあり、バーでのウェルカムドリンクが頂けない代わりに、アルコール一本無料となりました。ティーバッグはお茶と紅茶など4種類でしたが、手前に見えるお茶の金色のティーバッグが美しいですね。

プラチナメンバー用ウェルカムスイーツ(^^♪。頂きます😋

隠し金庫( ´∀` ) 分かりづらい場所にありました(笑)

入り口ドアを入って直ぐ右手にはクローゼットが。スリッパも厚手の物で、先日宿泊したプルマンと同レベルの物でしたが、大きくMの文字が入っているのが特徴的でした。

洗面はオシャレな円形の光が鏡に浮かんだ最近の流行りのものが。そして、右手にはシャワーブース、左手にトイレが設置されている構造でした。

アメニティケースから取り出したアメニティ。見て頂くと分かりますが、かなり女性を意識した内容になっています。私には殆ど必要のないものばかりでした(笑)

石鹸とボディローション。

はい、トイレはこんな感じでした。

シャワーブースからはベッドルームが見えますが、これはブラインドを下ろせば見えなくすることが可能です。尚、バスタブはスイートルームのみに設置されています

シャンプー・コンディショナー・ボディソープは大きめのボトルで用意されてました。この辺ちょこっと嬉しいですね(^^♪

部屋からの夜景。

昼間の景色。

館内施設

こじんまりとしたホテルですが、以下の施設がちゃんと備えられています。

バーラウンジ

1Fの、Lounge&Bar 1867が11:30~19:30で現在は営業しており、19:00までアルコール提供あり。これはコロナ次第で変更されますので、最新情報はホテルへお問い合わせ下さいね。

バーカウンター内が、映えること映えること♫

フィットネス

B1Fにあり、カードキーをかざして入室出来ます。かなり小さな空間で、2021年7月現在は2名迄、若しくは1グループ迄の同時利用となっています。

タオルやミネラルウォーター完備。ウェアやシューズレンタルはありませんので、自分の物を持参することが必要です。

朝食レストラン

B1Fにある『54TH STATION GRILL』で、7:00~10:30、これまたコロナの影響で今はセットメニューのみとなっています。

朝食に関しても、アコーのプラチナ特典で無料になるのが嬉しいですね(^^♪

エレベーターを出たところから見たレストラン内。オープンキッチンスタイルで、やはりでデザイン性に優れた心地い空間が広がっています。

奥のソファから見たレストラン内。

セットメニューの洋食。幾つかのメニューからチョイス出来、和食も食べたければ合わせて注文することは出来ますが、そこまで大食漢では無いため今回は洋食のみ。

卵料理も一通り選べましたが、今回は映えないオーバーイージーに(笑)絵的にはサニーダイドアップかオムレツにすべきでした♪

比較的シンプルな内容ではありましたが、全て美味しく頂け上質で満足のいく内容だったと個人的には感じました。コーヒーもillyでしたが美味しかったです。

まとめ

日本国内のアコーホテルではこのMギャラリーの二条城別邸が現在最高峰で、それに次ぐホテルがこの本邸とプルマン東京田町になりますが、その位置づけにふさわしいホテルでした。

バスタブ付きのお部屋はスイートルーム以外にはありませんので、バスタブ必須の方はその点を考慮する必要があるかと思います。アメニティなど、規模の小さめのデザインホテルである点も含め、女性向けの静かで落ち着いて過ごせる、京都の隠れ家的ホテルとして捉えておくと間違いないと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

一匹旅で各地を転々とする旅ねこです。
勤めネコですが、仕事を含め国内、海外を問わずグルメや温泉をとことん満喫し、旅の出会いを楽しんでいます。若かりし頃情熱を燃やしたアイスホッケーを今も愛しており、アメリカ・カナダに行った際には必ずNHLを観戦しています。
I am travel cat . I am a cat who loves delicious food and hot springs.
I still love passionate ice hockey when I was young, and I always watch NHL when I go to the United States and Canada.

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる