Go To トラベル 地域共通クーポン概要とQ&A~分からない事お答えします♪

皆さん、今日は旅ねこです。

さすがにコロナで半年出控えが続いているので、私も放浪の旅に出たくてうずうずしてますが、Go To トラベルに関しては猫の目の様にころころ変わるので、正直手を出しずらい状況で予約に踏み切れていないのが実情でした。

Go To トラベルの中身がさっぱりわからないから予約していいのか、失敗して無駄なキャンセル料を取られないか?なんて、身動きできない方も多いんじゃないでしょうか?

そんな悩みに少しでもお役に立てばと思い、FAQ集をアップすることにしました。

※尚、この情報は飽くまで2020年7月17日現時点でのものですので、後付け、後出し感が半端ない今回のキャンペーンですので、実際の利用時にはこの情報が変わっていても責任はとれませんので、その点ご了承の上ご一読下さい。

Go To トラベルのホームページへはこちらから飛べます。

https://goto.jata-net.or.jp/

Go To トラベルの地域共通クーポンとは?概要説明。

旅行先で購入する商品・サービスの購入先を具体例を挙げていきましょう。
土産物店・飲食店・遊園地・水族館・温泉・アクティビティ(ラフティングやクラフト作り体験なんかですね)・遊覧船・地方鉄道・バス・タクシー・レンタカー・スキー場などです。
ここが実はクーポンが配布される9月以降、特に重要なポイントとなります。
赤の下線を付けた部分って、よく旅行のパンフレットでもレンタカー付プランなんかがあるじゃないですか。こういったサービスがGo Toに参加申請して登録している業者では、クーポン支払いが可能になるんですね。
一例をあげると9月に3泊4日大阪発北海道のパッケージに申し込んだ場合、往復の飛行機と宿泊で一人12万円だとしましょう。すると、レンタカーをパッケージに組み込んでもその分は補助上限の半額6万円を超えてしまいます。しかし12万円のパッケージとは別に自己手配のレンタカーにした場合、あなたは42,000円の割引とは別に18,000円の現地で使えるクーポンを貰ってますよね
すると、自分で別途レンタカーを手配しておいて、現地に行ってこのクーポンを使えば、なんとレンタカー代がこれで賄えるわけです。これは特に家族旅行では大きな違いとなってきます。
4人家族の場合、12万円×4名=48万円に対して、クーポンは実に72,000円分も貰えます。お土産72,000円分も買います?持って帰れる量を超えちゃいますよ、多分。
そう考えると、周遊旅行なんかで泊数が多い場合は、往復交通費と宿泊代で泊数×4万円を超えるのであれば、極力現地で消費するものは別手配にして、このクーポンを利用する様にしてしまえばよりお得に旅をすることが可能になるという訳です。

Go To トラベルFAQ

今入れている予約の扱いについて

9月以降の予約は還付は無いの?
大丈夫です。既に9月以降の予約を入れていても支援対象になります。一部のブロガーさんの記事では『既に予約済みの宿泊予約は、2020年8月31日宿泊完了までの予約限定で事後還付の対象。9月以降の宿泊予約を割引対象としたい場合は7月27日以降に正式予約がスタートする、GoToトラベルキャンペーンであらかじめ割引された後の料金で予約する必要がある』と、説明されていたりしますが、実際には既に予約済みのものも支援対象ですのでご安心下さい。9月以降は一定の時間猶予があるため還付ではなく、事業者(旅行会社や宿泊施設)側で代金を未収受であれば割引価格で収受することになります。既に支払い済みの場合は返金対応の予定です。この辺分かりにくかったのでブロガーの方々も少ない情報から推測するのは困難だったと思います。
日帰り旅行は8月末までの分は還付手続き出来るの?
出来ます、しかし実際に日帰り旅行をした証明書の提出が必須となりますので、これをどう担保するのかは未だ明示されていませんね。
宿泊(利用)証明について
宿泊施設が発行するもので施設印が押印されているものですが、書式などはどうも各施設ごとに異なりそうです。まあ、これが無くて領収書だけでよければ、一旦支払ってキャンセルしてしまえばお金儲けが出来ちゃいますからね。フェリーも同様乗船証明が必要です。
申込や還付手続きは一人ひとり行うの?
基本、代表者が行うことになる様です。と、いう事は都内在住者が混じっていても代表者さえ他府県の人が代表者で申し込めばなんとでもなるってことですよね。後日改訂されそうな気が・・。
家族旅行の場合、子供や幼児はカウントされるのか?
はい、カウントされます♪これ、家族連れにとってはメチャクチャ嬉しいですよね。近場の高級ホテルに1人か2人で宿泊する場合はあまり気になりませんが、家族で2泊以上の旅行に出るならクーポンが付いてくる9月以降が断然お得です♪
ダイナミックパッケージで1泊4日で予約して、中日の2泊を自己手配した場合どうなるの?
ダイナミックパッケージの1泊4日が一つの旅行、2泊目の宿泊が一つの旅行、3泊目の宿泊が一つの旅行という3つの旅行としてそれぞれが2万円上限の補助が受けられます♪これもブロガーさんによっては「自己手配分が対象外になりそうです」と記事をあげられていたりしますが、全て個別の旅行として割引対象との事業者向けの回答が出ています。後出しで改悪されたらゴメンなさいですが。
一棟貸切タイプの宿泊形態の場合はどう計算されるの?
宿泊人数です。6名で借り上げて宿泊すれば6名分の割引補助が出ます。
ホテルや旅館で飲んだビール代や売店でのお土産代も一括領収書を貰えば割引対象?
残念、事前に予約をおこなっていたもののみ対象との事です。例としては、朝食付きプランで予約をすれば朝食込みで補助、追加サービスは対象外です。
旅行代金や宿泊代金をポイント払いした場合はどうなるの?
『支援対象になる』という回答で、ビックリですこれは!現金とポイント混合での支払いでもOKらしいので、IHGのポイント&キャッシュなんかも支援対象になりますね。更に、マイルも対象にするという事なんですが、どうやって計算するの?って思いました。具体例は示されず、これも後から出来ませんでした、になりそうです。
QUOカード付宿泊プランは対象ですか?
ダメです!しゃあないですよね、これは。
夜行フェリーや夜行バスは割引対象になるの?
フェリーはなりますがバスはダメです。但し、夜行バスは最初に触れた地域共通クーポンの加盟店になることが可能ですので、こちらが利用出来そうです。
Go ToイートやGo To商店街を旅行中に利用することは出来るの?
さあ?・・・ごめんなさい、やる気のないコメントで(^^;)。イートは農水省管轄でこれから事務局募集、商店街やイベントは経産省なんで、専門外でして。
東京が対象から省かれたが詳細を教えて
都内在住者の旅行、都外から都内への旅行共に現時点ではGo To トラベルの対象外です。只、先ほど少し触れましたが、グループ旅行では代表者の住所確認になる様ですので、基本は性善説で行く様です。これも鬼仕様の後出しジャンケンが待っているかも知れませんのでご注意を。私も責任取れないので自己責任で旅行参加はお願いします。東京駅で乗り換えて他県へ行く分には補助対象になりますが、都内観光などが入ってしまうと対象外となってしまいますので要注意です。後は、都内泊がパッケージに含まれる多方面へのツアーも補助対象外となりますので、地方在住者の方は東京前泊込みのツアーなどはご検討の際はご注意を。

まとめ

ま、ざっとこんなところでしょうか。

かなりの数になりましたが、これでかなり概要が見えてきたのではないでしょうか。

蛇足ですが、事業者からは他にもいろんな質問が出ましたが、中にはこんな質問もありました。

『割引適用になると客の質が落ちるのでGo To トラベルの対象に入りたくないがどうすればいいか』

参加事業者登録をしなければいいんですが、OTAに部屋を出してたり旅行会社のパッケージ商品に入ってしまっていると、そこから安い料金で入ってきますよね。旅行会社やOTAに相談して下さいとのことでした(^_^;;)捉え方は色々ですね~。

しかし正直、私にとってはまだ知りたいことが全然出てないんですよね。

Go To トラベル事業の予算配分です。

月ごとの予算割?、旅行目的地ごとの予算割【北海道・東北・関東・上信越・中部・近畿・中国・四国・九州・沖縄】?旅行会社ごとへ予算の割り振り?

この噂が本当なら8月なんかは沖縄と北海道へ集中する時期なんでこの2か所へ傾斜配分するのか、とか。

人気の旅行会社は早めに予算を消化してしまうのは目に見えてますし、復興割の時を参考にすれば、予算消化した旅行会社へ消化しきれなかった旅行会社分を吸い上げて再配分した様に記憶していますので、そのために8月末を最初の区切りにしてるんだろうとは思っています。

一応旅行会社の昨年度の上位売上一覧を官公庁のホームページより抜き出しておきます。

実際には2位の近畿日本ツーリストの下にはHISや楽天がいますが、自社の月ごと・年間売り上げを出したくないため発表していませんのでありません。上位の会社にはある程度の予算配分があるでしょうし、すぐに予算が尽きて割引適用が受けられないことはないんじゃないかと考えています。

さてさて、結構見えてきたもののまだまだ未解明の部分が多いこのキャンペーン、コロナの感染拡大状況にも左右されるでしょうし、果たしてどうなることやら。

謎は解かれた、そして次なる謎が・・(^_^)今回の解説、お楽しみ頂けましたら幸いです。

では、皆さん又お会いしましょう♪

 

最新情報をチェックしよう!