天然とらふぐの宿、日間賀観光ホテルでふぐを食べたぞ!

この時期、フグやカニを食べたくなるのは私がネコだからでしょうか?

前週に大阪でフグを食べたばかりだというのに、またしてもこの週末フグを食べに行くことになりました。

この日間賀島は以前から行ってみたいと思っていたところでして、ついに今回行くことが出来ました。

美味しいものには目が無いネコですが、フグはこれまでにもここ愛知の渥美半島にある角上楼や、名店春帆楼の東京の支店など食べ歩いています。

いずれも劣らぬ美味しさですが、周りの人間がそれ以上だというので、その真価を確かめるべく今回の訪問となりました。

今回は日間賀観光ホテルでふぐとたこのフルコースを堪能しましたので、その写真をご覧下さい。

始めに刺身の盛り合わせがどーんと出てきます。この時点でいきなりテンションマックスですよ、これ。いいの?最初から期待させてって感じでした♪

次はてっさ。とにかく出し惜しみを一切しないんですね。薄切りのてっさが美味しいのなんのって。この時点で既にノックアウトです(笑。

🐡の唐揚げ。

確かメバルの煮つけだったと・・・。この辺から飲んでたのもあって出てきた順番も怪しいんですが。

タコの刺身。厚みがあって食べ応え十分でした。今思い出すだけでよだれが・・。

タコ!❕この後切り刻まれてタコしゃぶになりました。迫力ありすぎですよね。

シラスとあおさの吸い物。多分出てきた順番とは違ってますけど。

タコ飯。既にお腹いっぱいでしたが、頑張っていただきました。美味しかったです。

ワタリガニの味噌汁。

大満足の昼食でした。

日間賀観光ホテル|島の恵みでおもてなし【公式サイト】

自然の恵みいっぱいの日間賀観光ホテルは、目の前に海景色が 広がり、自然のリラクゼーションを体感できます。たこ、河豚(ふぐ…

ミシュランガイド掲載三ツ星店が使用する老舗味噌屋【大源味噌】

この日間賀島へは知多半島の先端から船で渡ることになりますし、お世辞にも交通の便がいいとは言えませんが、これを食べるためだけに行く価値あり!と太鼓判を押させて頂きましょう。私の太鼓判に大した権威はありませんが(笑。

「安乗ふぐ」という三重のブランド🐡がありますが、この渥美水道で獲れるフグも基本的には同じものになるんだと思います。

今回は温泉無しの日帰り旅となりましたが、充実した1日でしたので◎!

最新情報をチェックしよう!