ヨーロッパ旅行記:魔法の都プラハは優しい街だった。ついでにカジノへ♪

フランクフルト空港

この日は夜にフランクフルト空港に到着したため、空港ターミナルと連絡通路で接続している「エアポートヒルトンガーデンイン」で1泊です。

このホテルはトランジットホテルですのでそれほど客室設備も際立ったものは無く、正直今まで泊ったヒルトン系列では一番殺風景な部屋でザ・ビジネスホテルって感じでした。チェックインも夜のためエアラインクルーも多くすごい行列で待たされフランクフルト空港到着はひたすら疲れた一日目でした。

ま、そんな訳で翌日の朝から空港で簡単な朝食をとってチェックインを済ませて一路、チェコのプラハへとルフトハンザドイツ航空で向かいました。ルフトの自動チェックイン機の操作方法が分かりづらかったです~。

シェンゲン協定(簡単に言うとヨーロッパ域内の協定国同士で、一々パスポートチェックをする必要なく国内線の様に簡単に行き来出来るようにした協定です)のおかげでドイツ入国とはけた違いに簡単にチェコへは入国できました。

プラハ国際空港とプラハ旧市街

プラハ国際空港はそこまで大きくないですが、きれいな空港ターミナルで利用者にとって分かり易く開放的で使い勝手の良い空港です。

国内線と分かれているのか、L字型のターミナルで、外へ出ると市内へ向かうバス乗り場がすぐに分かります。涼しいチェコでは珍しく暑かったので、クーラーの無いバス車内は蒸し風呂状態で結構きつかったです(^^;)

カレル橋から臨むプラハ城

美しいカレル橋とプラハ城を遠景に望む

いつ来ても美しくて優しい街です。空港の観光案内所やホテルお店などでも親身になってアドバイスをくれたり、少しシャイな面もありますが、欧米ではカナダに次いで人が優しい様に思います。

空港からのバスはこのプラハ本駅の前に到着します。私は今回、ホテルパジーシュ(ホテルパリという意味)に泊まりますので、ぶらぶら歩いてホテルへと向かいました。

トラム(路面電車)もありますので、これを利用しても良かったのですが、久しぶりのプラハで今一方向感覚が無かったもんで、歩きの方が分かり易いだろうと思ってスーツケースをゴロゴロ転がしながら地球の歩き方の地図を頼りに向かったのですが、やっぱり方向感覚が無かったです、トホホ・・。

歩く方向を何度か修正しながら、30分近く歩いてようやくホテルに到着です。

ホテルパジーシュ

格式の高さを感じさせる重厚な建築です。

ロビーは広くはありませんが、歴史を感じさせてくれるとても雰囲気のある造りでした。なんと、エレベーターが二重扉で、外扉が閉まってから中扉が閉じていくクラシカルなものでここにも歴史を感じました。写真を忘れてしまいました、涙)

プラハの街並みと開放的で明るい鉄道駅マサリク駅。

市民会館の地下にあるレストラン、「プルゼニュスカー」。アコーディオン弾きのおじいさんにどこから来たのか聞かれて、私が日本からだと言うと日本の音楽を弾いてくれました。

とても美味しくて良い雰囲気で夕食を頂けました、感謝♪

この広場にはカジノもあり、少し空いた時間で楽しんできましたが、ゲームセンターの様な雰囲気でマシーンのルーレットがある、こじんまりとした店でした。

翌日は私が一番好きな老舗「ウフレク」の黒ビールを飲みに行ったり、ホテルの近くにあったカジノを覗いて少し遊んだりと短いプラハの3日間を満喫することが出来た今回の旅でした。

ウフレクの黒ビールは糖度がとても高くて非常に飲みやすい黒ビールです。私はそれまで黒ビールは苦手でほとんど飲まなかったのですが、名物という事で一杯だけ、と思って飲んでみたら、これがビックリ!驚くほど軽くて飲みやすく、ギネスをはるかに超えるうまさでした。プラハへ行かれる機会があれば是非、一度試して下さい。アルコールにあまり強くない私でもジョッキで2杯行けましたから。

17年ぶりのヨーロッパはあらためて西洋文化の奥深さを食を中心に感じさせてくれるものでした。

2度の訪欧のまとめビールはドイツが美味い。黒ビールはチェコが美味い。料理はベルギーが美味い。パンはフランスが美味い。以上!

雑な感想ですが、的は外れてないかなと思います。後、旅人に優しかったのはベルギーとチェコでしたね。

フランクフルト空港から復路シンガポールへ向けての出発時もセキュリティチェックがすごい行列で乗り遅れそうな人が声を上げて後ろから列に入れてもらってたり、最後までこの空港には疲れました。できればこの空港だけは利用を避けたいものですが、スターアライアンスゴールドの私には、ヨーロッパへの旅では簡単には避けて通れない空港ではあります。

※今回は関係ありませんが、フィンランドのヘルシンキ空港がリニューアル工事中でしたが、フィンランド航空の「Finnair Platinum Wing lounge」(シェンゲン協定非加盟国エリア)が7月22日から提供を開始することが発表されました

営業時間はAM5:30~AM0:00で、総席数155席、ビュッフェやアラカルト料理、バーカウンター、そしてフィンランドらしくサウナが完備されたラウンジとなります。

JAL便利用者で有資格者は他にもPlaza Premium Lounge(AM5:00~AM0:00)が利用できますし、2つの内1つが改修工事中の「Finnair Business Lounge」旧称Finnair Loungeが、リニューアルオープンすれば利用できるようになる予定です。

ヘルシンキは工事中でラウンジで不便な状況が続いていますが、早く全てのラウンジサービスが開始されるといいですね~。【2019.7.22追記】

最新情報をチェックしよう!