アメリカ-ダラスへの旅(4日目)ダラスVS.セントルイスinアメリカンエアラインセンター

アメリカ4日目はニューヨークからダラスへ1泊2日の旅となりました。何故、東海岸からわざわざ南部のテキサス州ダラスへと向かったのかといいますと、私のこの旅の最大の目的である、NHL観戦のためです。

このGW(ゴールデンウィーク)はちょうどNBANHLのプレーオフシーズンに当たっており、今回何としてでもこのゲームを観るという目的をもってこのアメリカ旅行へとなった訳です。残念なことにニューヨーク・ボストンはこの期間はアウェーゲームで遠くへ行ってしまっており、マイルを使って取れる特典航空券がうまく取れたのがこのダラス行きだったのです。今回はANAマイルを使って同じスターアライアンスメンバーのユナイテッド航空の座席を確保することが出来ました。マイルの貯め方https://tabinekotei.com/mile/

ニューヨークからはニューアーク空港からダラスフォートワース空港へと向かうことになりましたが、ニューアークはユナイテッドのハブ空港(メインの乗り継ぎ空港)のため、充実したラウンジ、ユナイテッドクラブで朝食をゆっくり食べることが出来ました。まあ、アメリカのラウンジですので、日系やアジア系のラウンジと比べるとメニューは劣りますが。

4時間以上という距離のあるフライトでしたが、到着したダラス・フォートワース空港はスターアライアンスではなくワンワールド所属のアメリカン航空(AA)の主要拠点空港のため、ユナイテッド航空(UA)で到着すると端のターミナルから各ターミナル間を結ぶターミナルリンクに乗車してダラス市内へと向かうダートレイルという鉄道に乗り換えます。

ユナイテッド航空は当然アクセスの悪いターミナルDでしたので、Lower Levelへエレベーターで降りてターミナルリンクに乗り、ダートレイルのオレンジラインに乗車できる該当のターミナルAまでターミナルリンクでおよそ10分の乗車となりました(スターアライアンスは肩身が狭いですねぇ)。

ニューアーク空港の自動チェックイン機(日本語選択可)

ダートレイルに乗りきれいな新興住宅地や大学エリアを抜けて中心地へ向かって行くと、ホテルのあるWEST END駅の一つ手前のVICTORY駅の左手に、NHLプレーオフ第2戦のダラス・スターズVS.セントルイス・ブルース戦が行われるアメリカンエアラインセンターそびえ立っているのが目に入ってきます。

NHL各チームアリーナへの行き方解説④アメリカウェスタンカンファレンス

 

これは正面からの写真ですので、ビクトリー駅からの側面とは違った写真ですが、とにかくクラシカルで荘厳な感じの大きなアリーナでした。

いやあ、感激です~。プレーオフという事もあってかアリーナ前ではコンサートが行われており、アイスガールズと呼ばれるチアたちも一緒になってステージで踊っていました♪

そして、いざ開幕!300㌦超えのど真ん中前から3列目の席をを取りました。近すぎて右へ左へ首を回すのが忙しくって・・。もう少し安い200㌦くらいの中段の方が見やすいですね、いやチョコっと失敗。

カナダの人たちと比べると、ホッケーの観戦マナーはあまり知らないようで、フェイスオフが行われてプレーが始まった瞬間に静かしたり、むやみに立ち上がらないといったマナーはあまり徹底されていませんでした。

ダラスは南部のテキサス州ですので、ホッケー自体があまりメジャーではないのでしょうね。私の横の二人はコメディアンの様で、ゲームそっちのけでにぎやかに騒いでいて前の席のカップルたちは大笑いしていました。

光るペンダントとプレーオフの記念タオルが入場者全員に貰えるのが(^^♪

入口では全員に光るペンダント配布、全てのイスの背にはプレーオフのタオルが。この二つはレギュラーシーズンでは頂けない貴重なものでした。ペンダントは点灯と点滅の2種類が選べるようにスイッチが付いた中々の優れもので、ダラスファンがみんなでこれを首にかけてちかちかと点滅させていたため、とてもきれいでした。

ゲームの方は白熱の展開で、どちらのチームもレギュラーシーズンの様に安易なラフプレーなどの反則は控えて、常にトップスピードで攻守の切り替えが早くて目がついていかないほどでオリンピックを上回るハイレベルな戦いが繰り広げられていました。

結果は、ホームのダラスが勝利!観客はご機嫌で帰る事に。しかし雨がどしゃ降りでずぶぬれになってしまいましたが、まあいいでしょう♪
そういえば泊ったホテルの写真をうっかり一枚も撮っていませんでしたが、ウエストエンド駅すぐのクラウンプラザ・ダラス・ダウンタウンに今回は宿泊しました。私は現在IHGホテルズのプラチナ会員になっていますので、少しだけ広めの角部屋を用意してもらうことが出来ました。ちょっぴりアップグレードですね。とはいえ、かなり年季の入ったホテルで、正直廊下から部屋の中まで相当くたびれていて匂いが気になりました。

アメリカンエアラインセンターの徒歩圏内にWホテルがありましたが、これは1泊3万円を超える超高級ホテルでしたので、まあ、選択肢としてはウエストエンドにあったダブルツリーbyヒルトン当たりが次回行く機会があれば候補になるのでしょうか。

さて、目的は果たしてさっさと翌日朝からニューヨークへ戻ることになりましたが、本当はケネディ大統領暗殺の場となったJ.F.K.メモリアルやシックスフロア博物館などへ行きたかったのですが、残念ながら時間が合わずに断念となりました。

ダラス・フォートワース空港のユナイテッド航空が運営するラウンジ「ユナイテッドクラブでオートミールやオレンジジュースなどの簡単な朝食を済ませて空路ニューアーク空港へ。

ニューアーク空港。最近アメリカの空港はタブレットで注文全て出来る様になってますね。最先端いってますね~。

ちなみに、ニューヨークの3空港の内ニューアーク・リバティ空港はユナイテッド航空の拠点空港となっており、ラウンジもユナイテッドクラブの他に最新のポラリスラウンジがここニューアーク空港にはあります(ポラリスラウンジはスターアライアンス加盟航空会社のビジネスクラスやファーストクラス用ラウンジのため、エコノミー利用でスターアライアンスゴールの私では入ることはできませんでした。

このラウンジはシャワーや仮眠室、フルサービスダイニングなどがあり、ブッフェもユナイテッドクラブより豊富な種類のミールがあります)。

確かラガーディア空港はアメリカンが拠点にしている空港だったと記憶しています。ニューヨークの中心地マンハッタンへはラガーディア空港が最も近くなっていますが、ニューアーク空港もエアトレインで各ターミナルから移動し、NJトランジットもしくはアムトラックでニューヨークペンステーションへ乗り入れることが出来ますので、マンハッタンにホテルを確保していればさほど不便ではありません。

さて、今回はペンステーションの真上にあるクラシカルなペンシルバニアホテルを確保していたのですが、これがすごかった・・。
  

監獄ホテル・・。エレベーターの扉が開いた瞬間に足元一面に散らばるお菓子のくず、うす暗い廊下と匂う部屋。そしてヘアドライヤーの吸気口は埃でふさがっており、とても使う気になれず・・・。

ニューヨーク在住の後輩が安くても絶対にお客様には案内しないと言ってた理由が分かりました(笑。

まあ、そんなこんなで1泊2日の、NHLプレーオフ観戦ツアー in ダラス は無事終了しました(^^♪

最新情報をチェックしよう!