ANAビジネスジェット。チャーターのお値段はおいくら?マイルは貯まるの?

皆さんこんにちは旅ねこです♪

中々緊急事態宣言も解除されず、退屈な日々を過ごしておられる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなあなたもリスクを最小限に抑えて遠出が可能な交通手段についてご紹介したいと思います。

あ、そんな交通手段もあったんだ!という事で、お金のことは一切気にせず見て頂ければと思います(笑)

陸マイラー界隈の方々なら出せないお金じゃないでしょうけど、オトクを求める習性には反しますから中々利用する方は少ないんでしょうけど。

ANAビジネスジェット株式会社概要

2018年7月設立の新しい会社です。出資比率は全日空が51%、総合商社の双日が49%です。私の世代は双日っていうとちょっとよく分からないんですが、ニチメンと日商岩井が合併して出来た企業です。若い人は逆にこの2社を知らないか(;^_^A。

ビジネスジェットについて

世界では約2万機のビジネスジェットが保有されていると云われていますが、日本では現在100機に満たない数しか保有されていません。やはりアメリカが保有機数では圧倒的に多い様です。アメリカンドリームってやつをひしひしと感じますねぇ(^^;)

チャーターの種類

チャーターは大きく分けて3種類です。

分かり易いのがANAビジネスジェットのホームページにありましたので画像をお借りしました。

エリアチャーター

海外までは定期便で飛んで、その先からチャーターを利用する形態です。

グローバルチャーター

日本からダイレクトでチャーターして目的地へと飛んでいきます。当然このスタイルが一番高くつきます。最低でも2000万円以上しますね。高っ( ゚Д゚)

カルロス・ゴーンで一躍有名になりましたが、入国や出国審査も一般とは完全に別の専用ターミナルで行いますので、時間の短縮にもなる様です。

国内チャーター

国内のチャーターとなります。殆どの空港が利用可能ですが、自衛隊との共用空港など一部対象外となっています。国内チャーター機材は現在、4名,6名,8名乗りの3種類だそうです。8名乗りだと私の最寄の関西からは北海道又は沖縄までノンストップで飛ぶことが出来るそうです。

利用対象外空港一例)伊丹、米子、小松、百里(茨城)、岩国、天草。

伊丹は何でなんだろう?って思ってるんですが、八尾空港があるからなのか、地域住民との協定によるものなのか謎ですね。

ビジネスジェットの種類

ホンダジェットがよく知られたビジネスジェットですよね。いっぺん乗ってみたいんですけどね~。

機材

大型機って言っても13席程度、MAXでも18席です。ビジネスジェットは小さいですね。ホンダジェットは小型機になりますね。

因みに大型機だと日本からグローバルチャーターで北米西海岸までダイレクトで飛ぶことが可能です。

チャーター代

一番安い国内チャーターでも最低250万円~(^_^;)私なんかじゃ手が出ません。エリアチャーターもおんなじような感じでした。

目が飛び出ました👀👀

陸マイラー界隈の皆さんなら出せる金額なんでしょうけどね~(笑)

私にご用命くだされば、お安く知っときますぜ旦那~へっへっへ~(・∀・)ニヤリ

ま、お安く出来てもせいぜい10%OFFってとこですけどね。

そして、ちょっときになる点が下の画像に記載されています。そう、マイルが貯まるんですよチャーターでも。

えーっ!!4月1日から国内チャーターが半分の5000マイルになっちゃうとは( ゚Д゚)・・って、どっちみち私には全然関係ナッスィングでした、ゴメンなさいm(_ _)m

とは言え、それぞれのチャーター形態に合わせてマイルが積算されるのはびっくりですね。これは旅行会社を通して予約してもマイルは積算されますのでご安心を。

そして、驚くべきことに何と!ANAマイルをこのビジネスジェットのチャーター代の一部に利用することが出来るんです。

最大100万円分(100,000マイル⇒100,000円分のクーポン(eギフトカード)(1枚)として利用可。つまり、100万マイルを100万円分として利用可能なんですね。と、いう事は、国内チャーターであれば250万円の内100万円分はマイルで賄えるので、残りたったの150万円でビジネスジェットのチャーターが可能だという事です。

いや、たったのじゃないですよね(^^;)

マイルの使い方も一応ホームページにあったんで載せときますね。

まとめ

飛行機のチャーターをしようって方は中々いないでしょうが、もし借りたらおいくらですか?って気になってた方は、ANAマイルが腐るほどあってお金もそこそこ使えるなら一回記念に利用しちゃってもいいんじゃないでしょうか?私は無理ですが。

国内チャーターで1週間前、海外チャーターで2週間前に見積りお願いして2営業日以内に回答貰ってGo!っていうのが可能だということなんで、それほど運航許可取ったり難しいことは無いみたいですね。

私の会社でも以前大型機をチャーターして海外に飛ばした時なんかは、チャーターした外国の航空会社が自分の国の感覚で何にも手続きして無くって、国交省に大目玉食らったなんてこともありましたが、ビジネスジェットはかなり手続きはシステマチックに簡素化されている様に感じます。

この記事見てチャーターしてみようと思った方、是非体験談を教えて下さいね♪

最新情報をチェックしよう!